一心に祈ること

「初不動」の日にあったできごとです。
毎月28日は不動明王の縁日で、長岸觀音寺では不動護摩を午前10時から
行っています。
年始の不動明王縁日は「初不動(はつふどう)」と言います。

添え護摩札にお願い事を書いて、不動明王の御真言を唱えながら護摩祈祷の炎で焚き上げます。

護摩祈祷が終わった後は護摩壇の周辺は灰だらけになりますが、私の心は心はすっきりします。
私の煩悩を焼き尽くし、お願いごとを書いた方の想いが伝わるからでしょうか。

さて、ある檀家さんは年末から体調を崩しているお母様(91歳)を心配して
ずっと不動護摩祈祷に来てくださり、心を込めて添え護摩札を書きました。

体調を崩していたお母さまは(91歳)、3日前に退院したとのこと。
一時は「心の準備をなさってください。」とまで医師に言われたようですが、
お母さまは何とか持ち直して退院し、自宅に帰ることができました。

檀家さんはホッとした表情で、にっこりとほほえんでいました。
「ご祈祷してもらったおかげです。」
檀家さんの目尻の笑いじわがより一層深くなっていました。
私もありがたい言葉を頂戴し、うれしくなりました。

弘法大師の言葉に
「月の光は水面まで届いても、波が立っていれば月を映すことができない。
澄み切った心に加持(祈祷)の効果が映し出される。」

迷ってばかりで心にさざ波が立っていれば、何も映りません。
心静かになった時、はじめていろいろな物が映ります。

一心に祈ること。ただ、それだけで良いのです。
後は、仏さまがスッと背中を押してくれます。

心が宿る

法事の席である檀家さんから質問を頂戴しました。
「お墓の石はどうしたらいいの?」

お墓を建て替えたいが、古い墓石はどのようにしたら動かしてもよいのか、という質問です。

「移動する前に魂を抜いて、新しくできあがったら再び魂を入れます。」
と答えると、質問された方は納得された様子。
どこからともなく、こんな声も。
「訳わからんわ。」
どこがどう分からないのか、私には頭が回りませんでした。
たかが石に、何でそんなことをしなくてはいけないのか、という意味だったのでしょうか。
墓石でもお仏壇でも想いを持って手を合わせていると、それはただの物ではなくなります。
お仏壇もそう、お位牌もそう、お墓もそう、人形だってそうです。
だからそのまま捨てることはしません。供養した後、感謝の心を込めて処分します。

気持ちが入っているものに畏敬の念を持つのは、奥ゆかしい日本人の心です。
目に見えないものに対する畏れ。

ものには「心が宿る」のです。

觀音寺の天井絵はなぜあるの?

京都市宇治市の平等院鳳凰堂において、ご本尊の裏側の壁面に壁画が発見されました。
11世紀の創建以来の調査なのだそうです。

ご本尊自体があまりお目にかかれないのですが、
その背面はもっと見ることが少ないでしょうね。

寺も極楽浄土をイメージして造られています。
觀音寺の本堂に入ったら天井を見上げてください。
数々の天井絵が描かれています。

極楽浄土は「花咲き乱れて、きれいな池があって
優しそうな人がいて、毎日楽しく暮らしているところ。」と
イメージしますね。

お寺は現世の極楽浄土です。
線香を立てて、不思議な香りに包まれながら
ホッとしたひとときをお過ごしください。

今日のhasunoha回答

W不倫で別れた妻に憎悪の念が湧いてきます。

離婚調停中に旅行を計画してみたり、離婚した途端に外車を乗り回したりしています。
元妻も不幸にならなければいけないと思ってしまいます。

どうすればいいですか。

離婚した元妻を忘れたい – お坊さんQ&Aサイト[hasunoha]

私の回答は こちら です。←リンクしています


 

太釈さんの法話なブログでは、今日の一日一善やミニ法話を書いています。

こちら をご覧ください。

今日のhasunoha回答

現状が辛く何もできません。

辛くて辛くて心が苦しいです。生きる希望も見失いました。 楽しくなくて弟に嫉妬してしまいます。

どうしたらいいですか。
自分について – お坊さんQ&Aサイト[hasunoha]

私の回答は こちら です。←リンクしています


 

太釈さんの法話なブログでは、ミニ法話を書いています。

こちら からご覧ください。

今日のhasunoha回答

容姿に自信がないので、どうしたらよいのか分かりません。

私は、男性とお付き合いできますか – お坊さんQ&Aサイト[hasunoha]

私の回答は こちら です。←リンクしています


 

太釈さんの法話なブログでは、ミニ法話を書いています。

こちら からご覧ください。