空海と縁の深い虚空蔵菩薩

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

空海と縁の深い虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

空海(くうかい)は虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)と深い縁があります。

空海が大学を突然に中退し、山岳で修行したときに行っていた修行が虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじのほう)です。

虚空蔵求聞持法は、作法に従い虚空蔵菩薩の真言(ノウボウ アキャシャキャラバヤ オン アリキャマリボリソワカ)を一日に一万回、百日間で百万回唱え続けることにより、見たものすべてを暗記し理解することができるという秘法(ひほう)です。

空海は、大自然に身を置き、阿波国の太龍獄(たいりゅうがたけ)(現在の徳島県阿南市にある四国八十八ヶ所霊場二十一番札所 太龍寺(たいりゅうじ)のある山)や土佐国の室戸岬(むろとみさき)、伊予国の石鎚山(いしづちさん)で修行しました。

空海が室戸岬の洞窟で虚空蔵求聞持法の修行していたとき、虚空蔵菩薩の化身とされる明星(みょうじょう:金星のこと)が空海の口の中に飛び込んできたという伝説があります。

空海 室戸岬の奇瑞空海 明星が口に入る

空海は、この強烈な宗教体験から、唐(とう)の国(現在の中国)へ渡り密教(みっきょう)という教えを授かるきっかけとなります。

空海が、口の中に明星が飛び込むという虚空蔵菩薩にまつわる強烈な宗教体験をしたことにより、空海は後に真言宗の宗祖となる道を歩み始めるのです。

虚空蔵菩薩は、何もないところから知恵と宝を生み出す仏さま

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ) ~何も無いところから知恵と宝を生み出す仏さま~

虚空(こくう)とは、何もない空間を指します。

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)とは、経典によれば何もない空間から華(はな)や香(こう)、宝石などを出現させて人々の上に降らせる仏さまであると書かれています。

また、仏さまの知恵を望む者には、何もない空間から虚空蔵菩薩が説法(せっぽう)をします。

虚空蔵菩薩は、広大無辺(こうだいむへん)な宇宙の宝庫に無限の知恵と功徳(くどく)を持っている仏さまです。

虚空蔵菩薩

なぜ大日如来は忍者の印を組んでいるの?

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

 

なぜ大日如来は忍者の印を結んでいるの?

大日如来の手元をよく見ると忍者のように両手を握り右手で左手の人差指の先を握り込む智拳印(ちけんいん)を結んでいます。この印は何を表しているのでしょうか。

大日如来 金剛界の印

智拳印の右手の指先は仏さま、左手の指先は私たち衆生(しゅじょう)を示しています。智拳印は仏さまとあなたは一体となれることをあらわしているのです。

私たちは、大日如来と膨大な御縁を結びながらこの世に生まれました。御縁をさかのぼっていくと大日如来に行き着きます。つまり、大日如来と私たちは一体なのです。

大日(だいにち)とは、どのような意味ですか?

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

 

大日(だいにち)とはどのような意味ですか?

真言宗では大日如来を総本尊とします。曼荼羅(まんだら)の中心に描かれる仏さまです。

大日如来 金剛界

なぜ、大日如来は真言宗の総本尊なのでしょうか。

大日(だいにち)とは「非常に輝くもの」という意味があり、仏さまの知恵を象徴しています。このため、常に輝く太陽は大日如来(だいにちにょらい)にたとえられます。

太陽の光は闇(やみ)を除き、あらゆるものを分け隔てなく照らし、食物や動物の命を育みます。

曼荼羅の中心に大日如来を描くのは、すべての根源が大日如来であると考えるからです。すべては大日如来から御縁が連なって生み出されていると考えます。

御縁が限りなく連なった結果、生まれたきたのが私たちです。大日如来は生きとし生けるものの母のような存在なのです。

つまり、私たちは大日如来から御縁をもらってこの世に生まれてきたのです。

このため、太陽は生きとし生けるものの母のような存在であるため、生きとし生けるものの母である大日如来と例えられるのです。

阿閦如来(あしゅくにょらい)の印をこっそり教えます

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

阿閦如来(あしゅくにょらい)の印をこっそり教えます

阿閦如来は金色(こんじき)に光り蓮花(れんげ)の上に座っているように描きます。

阿閦如来の印(いん)は、左手はこぶしを握って臍(へそ)の前に置き、右手はひざから下に垂らし、その指先で大地を指しています。

阿閦如来の印

この印は「不動降魔印(ふどうごうまいん)」で、悪魔を退散させるといわれています。つまり、心の中にある悪魔である怒りを退散させるという意味です。

亡くなられたご先祖さまは阿閦如来によって堅固(けんご)な菩提心(ぼだいしん)(仏の心)を持ち、怒りの心を離れて悟(さと)りが開けるようになるのです。

7回忌に阿閦如来と出会う意味は?

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

故人が七回忌に阿閦如来(あしゅくにょらい)と出会う理由は?

 

七回忌は故人が亡くなってから満六年の命日を迎えたころに執り行います。

故人が亡くなって6年経つと、故人の思い出は薄れていきます。ご遺族も今の生活に追われるようになります。

故人を中心に回っていた家庭も、いつの間にかバランスを崩してしまいます。ひょっとすると家族間で怒りの感情が出てしまうことがあるかもしれません。

阿閦如来は「怒るな、怒るな」と教えてくださる仏さまです。

怒るな

家族間で怒りの感情が見え隠れする時期になり、故人が阿閦如来と出会うことでご遺族に「怒るな、怒るな」と教えてくださるのです。

聞き慣れない仏さま 阿閦如来(あしゅくにょらい)

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

聞き慣れない仏さま 阿閦如来(あしゅくにょらい)

七回忌の御本尊である阿閦如来(あしゅくにょらい)を知っていますか?

阿弥陀如来や薬師如来は聞いたことがあっても、阿閦如来はあまり聞かない仏さまの名前です。

阿閦如来の「閦(しゅく)」という漢字は門構(もんがま)えの中に人の字を三つ書きます。門構えはひとつの家を、人の字を三つ書くのは家の中にたくさんの人が暮らしていることを表しています。

同じ家の中でたくさんの人が生活すると、それぞれの住民は思うようにならずイライラが募ります。そして、家の中のあちらこちらで怒りが発生します。

ひとつの家で大勢が暮らしていくには腹を立てないことが最も大切になります。つまり、「閦(しゅく)」は怒らない、怒らないという教えを意味しています。

阿閦如来は、「怒らない、怒らない」と教えてくださるのです。

阿閦如来

お彼岸の習慣は、なぜできたのですか?

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

お彼岸の習慣は、なぜできたのですか?

故人は命日から2年かけて極楽浄土へとたどり着くといわれています。

極楽浄土は遥か彼方の西にあるといわれています。

ご先祖さまがいつも見守ってくださることに感謝し、極楽浄土があるといわれている真西に太陽が沈む春秋の春分・秋分の日を中心として前後一週間をお彼岸と定めました。

ご先祖さまがいたからこそ私たちがこの世に生まれることができました。

このことから、ご先祖さまとの御縁に感謝し、お彼岸(ひがん)に墓参りをする習慣ができたといわれています。

墓参り