6月の行事予定(觀音寺にて)

觀音寺における6月の行事予定です。

1.写経・写仏

6月20日(水)  午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円
※持参するものは特にありません。觀音寺で準備いたします。

P1020051

2.阿字観体験会

6月29日(金) 午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円

真言宗のイメージ瞑想である阿字観を体験できます。昼寝から覚めたようなスッキリ感を味わってください。

IMG_20171122_085651

3.不動護摩祈祷

6月27日(水) 午前10時~ 觀音寺本堂 東の間にて

添え護摩札 300円/枚

※ 添え護摩札とは、お願いごとを書く木の御札のことです。祈祷終了後、祈祷のしるしとして紙札をお渡しします。

護摩祈祷

4.桶幸ウチダ造花主催 人形供養祭

6月17日(日) 10:00~ 供養する人形の受付開始

12:30~ 人形供養の法要

13:00~ 法話

人形供養の導師と法話 中村一善(法話と天井絵の寺 觀音寺 住職)

※ 人形の供養料は1体500円 ただし6体以上は一律3,000円

※ 詳細は 桶幸ウチダ造花ホームページのトピックスのリンクをご覧ください。

南無大師遍照金剛は人の名前だった!

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

 

南無大師遍照金剛は人の名前だった

 

真言宗では「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」という御宝号(ごほうごう)を唱えます。

あなたは、御宝号は人の名前であるということを知っていましたか。

ここで、質問です。空海と弘法大師は同一人物でしょうか。それとも別人でしょうか。

実は、呼び名が違っても空海と弘法大師は同一人物です。
空海は、自ら僧侶として名乗っていた名前です。弘法大師は、空海が高野山奥之院で入定した後、約八十年後に醍醐天皇の夢枕に空海が現れたことから弘法大師の諡号(しごう:亡くなった後に朝廷から授かる名前)を賜(たまわ)りました。

このため、空海と弘法大師は同一人物です。

遍照金剛は、空海が中国に留学したときに中国の師匠である恵果和尚から授かった名前です。

%e5%bc%98%e6%b3%95%e5%a4%a7%e5%b8%ab%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8