おかげさま

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

おかげさま

あなたが、「お元気ですか」と聞かれたとき、「おかげさまで」と答えることがあると思います。おかげさまも仏教由来の言葉です。

おかげさまの「かげ」は、あなたの目に見えないもの、つまり神仏やご先祖さまを指しています。さらには、自分では気が付いていないけれども、恩を受けていることに対する感謝の言葉です。

合掌

 お寺では位牌(いはい)には、戒名(かいみょう)に続いて「霊位(れいい)」と書き先祖供養をします。

仏教では、私たち人間をはじめ生きとし生けるもの(例えば山や川、草や木に至るまで)すべてに仏の心を持つと説きます。

故人は、生前の善い行いにより仏の心がさらに輝きを増しています。故人が放つ仏の光は、あなたが迷い込む心の暗闇に明るい光を差し込んでくれます。暗闇にひとすじの光が頼りになるように、仏の光りによってあなたの迷いの心もすっきりと晴れていくのです。

あなたのお祖父ちゃんやお祖母ちゃんまでは、生前の顔を知っているかもしれませんが、それ以前に亡くなったご先祖さまは顔も知らないことでしょう。あなたはご先祖さまの顔を知らなくても、ご先祖さまはあなたのために仏の光で照らしてくださるのです。

つまり、あなたの知らないところで感じる恩に対して「おかげさま」なのです。