一杯のチャンポン その1

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

一杯のチャンポン その1

 

「一杯のちゃんぽん」という話を紹介いたします。どんな小さなことでも「人を幸せにできる」という内容です。

親子で切り盛りしている食堂がありました。観光地が近いため、昼時はとても忙しくなります。時に応じて出前もしています。

ある日、昼時の繁盛期に一本の電話がありました。

「すまんけんど、チャンポンを一杯だけの配達はしてもらえんのやろか」

ちゃんぽん

普段から一杯だけの配達は断るようにしています。「すみません、一杯だけの配達は……」と言いかけたとき、電話のお客さんは「実は風邪引いてしまってね。動けんのよね」と申し訳なさそうに言いました。電話を受けた息子は、電話のお客さんを気の毒に思い、店主の父と相談しました。店主の父は少し考えて「ええよ」と返事をし、チャンポン一杯だけの配達を引き受けました。その後、電話のお客さんから時々注文をもらうようになりました。配達のついでに電話のお客さんに話を聞けば、2、3年前にご主人を亡くして一人暮らしをしている七十代後半の女性です。店主である父が配達すると電話注文をした女性は、とても喜んでいました。「よかったな」と店を切り盛りしている親子で温かい気持ちになりました。「高齢の女性が一人暮らしで、病気したときは大変だろうな」と頭の片隅で思いを巡らせました。