色即是空 その3

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


色即是空 その3

 

お釈迦(しゃか)さまが西の門を出たところに、葬式の列を見ました。

お釈迦さまは「あれは何をしているのだ」と、家来に聞きました。
家来は「身内の者が死んで、葬式をしているのです。人は誰でも死んでいくのです」と答えました。

 

お釈迦さまが北の門を出たところに、修行僧がいました。
お釈迦さまは修行僧に自ら声をかけました。「あなたは何をしているのですか?」
修行僧は「苦しみから逃れようと修行しているのです。年老いていくことも、病を患うことも、死んでいくことも、苦しみです。どうしたら苦しみから逃れることができるのか、道を探しております」

この時、お釈迦さまは出家(しゅっけ)し修行僧になることを決めたのです。

老いの苦しみ、病の苦しみ、死の苦しみ。この3つの苦しみから、お釈迦さまは逃れようとして修行僧になったのです。

あなたも苦しみを抱えています。苦しみとは、息苦しいことではありません。「思い通りにならないこと」です。つまり、煩(わずら)わしいことです。例えば、約束の時間に間に合わない、自分の思ったように仕事ができない、自分の持っているお金が足りない、などたくさんあります。もし、あなたがすべて煩(わずら)わしいことを捨ててしまえば、苦しみから逃れることができそうです。