虚空蔵菩薩は、何もないところから知恵と宝を生み出す仏さま

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ) ~何も無いところから知恵と宝を生み出す仏さま~

虚空(こくう)とは、何もない空間を指します。

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)とは、経典によれば何もない空間から華(はな)や香(こう)、宝石などを出現させて人々の上に降らせる仏さまであると書かれています。

また、仏さまの知恵を望む者には、何もない空間から虚空蔵菩薩が説法(せっぽう)をします。

虚空蔵菩薩は、広大無辺(こうだいむへん)な宇宙の宝庫に無限の知恵と功徳(くどく)を持っている仏さまです。

虚空蔵菩薩