金額明示は仏教ではない

前回は、「そもそも布施とはなに?」を書きました。

仏教における布施とは、修行者に対してせめてもの施しをと布を差し上げたことに由来しています。
金品を差し上げていたわけではありません。

全日本仏教会は、談話において葬儀や法事は営利企業が金額を明示して行うサービスではないとコメントしています。

しかし、一般的に違和感があることも事実です。葬儀や法事の布施は読経サービスに対する対価であると考えている方が多いです。

私は、お布施は結婚式における祝儀のようなものであると考えます。
祝儀は相場はあっても金額は決まっていません。いくらでなくてはいけないという決まりはありません。結婚式に招いてもらった御礼として持参するものです。

つまり、葬儀や法事におけるお布施はお祝儀のようなものなのです。