阿閦如来(あしゅくにょらい)の印をこっそり教えます

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊されました。

本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

阿閦如来(あしゅくにょらい)の印をこっそり教えます

阿閦如来は金色(こんじき)に光り蓮花(れんげ)の上に座っているように描きます。

阿閦如来の印(いん)は、左手はこぶしを握って臍(へそ)の前に置き、右手はひざから下に垂らし、その指先で大地を指しています。

阿閦如来の印

この印は「不動降魔印(ふどうごうまいん)」で、悪魔を退散させるといわれています。つまり、心の中にある悪魔である怒りを退散させるという意味です。

亡くなられたご先祖さまは阿閦如来によって堅固(けんご)な菩提心(ぼだいしん)(仏の心)を持ち、怒りの心を離れて悟(さと)りが開けるようになるのです。