6月の行事予定(觀音寺にて)

觀音寺における6月の行事予定です。

1.写経・写仏

6月20日(水)  午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円
※持参するものは特にありません。觀音寺で準備いたします。

P1020051

2.阿字観体験会

6月29日(金) 午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円

真言宗のイメージ瞑想である阿字観を体験できます。昼寝から覚めたようなスッキリ感を味わってください。

IMG_20171122_085651

3.不動護摩祈祷

6月27日(水) 午前10時~ 觀音寺本堂 東の間にて

添え護摩札 300円/枚

※ 添え護摩札とは、お願いごとを書く木の御札のことです。祈祷終了後、祈祷のしるしとして紙札をお渡しします。

護摩祈祷

4.桶幸ウチダ造花主催 人形供養祭

6月17日(日) 10:00~ 供養する人形の受付開始

12:30~ 人形供養の法要

13:00~ 法話

人形供養の導師と法話 中村一善(法話と天井絵の寺 觀音寺 住職)

※ 人形の供養料は1体500円 ただし6体以上は一律3,000円

※ 詳細は 桶幸ウチダ造花ホームページのトピックスのリンクをご覧ください。

5月の行事予定(觀音寺)

觀音寺における5月の行事予定です。

1.写経・写仏

5月21日(月)  午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円
※持参するものは特にありません。觀音寺で準備いたします。

P1020051

2.阿字観体験会

5月25日(金) 午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円

真言宗のイメージ瞑想である阿字観を体験できます。昼寝から覚めたようなスッキリ感を味わってください。

IMG_20171122_085651

3.不動護摩祈祷

5月29日(火) 午前10時~ 觀音寺本堂 東の間にて

添え護摩札 300円/枚

※ 添え護摩札とは、お願いごとを書く木の御札のことです。祈祷終了後、祈祷のしるしとして紙札をお渡しします。

護摩祈祷

 

4.東日本大震災福光支援チャリティ落語会

桂七福 似顔絵ミニサイズ

5月27日(日) 午後4時~ 觀音寺本堂にて

・落語 桂七福  法話 中村一善(觀音寺住職)

 

東日本大震災から6年が過ぎました。

すでに記憶から遠のいてしまいつつある震災から息長く被災地を支援するため、チャリティ落語会を開催します。

震災を忘れないよう、岩手・福島・宮城で支援を必要としている子どもたちに募金を送りたいと思います。落語を聞いてハハハと笑い、法話でちょっぴり考えて被災地に希望を送りましょう。

※ チャリティですので募金をお持ちください

※ 募金だけの参加も歓迎いたします

※ 桂七福さんの落語CD、藍染めの手ぬぐい、中村太釈著『人を想うこころ』、オリジナル法話CDを販売します。売上金は全額募金といたします

※ 募金は上方落語協会を通じて被災地に送ります

4月の行事予定

觀音寺における4月の行事予定です。

 

1.写経・写仏

4月20日(金)  午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円
※持参するものは特にありません。觀音寺で準備いたします。

P1020051

2.阿字観体験会

4月24日(火) 午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円

真言宗のイメージ瞑想である阿字観を体験できます。昼寝から覚めたようなスッキリ感を味わってください。

IMG_20171122_085651

3.不動護摩祈祷

4月27日(金) 午前10時~ 觀音寺本堂 東の間にて

添え護摩札 300円/枚

※ 添え護摩札とは、お願いごとを書く木の御札のことです。祈祷終了後、祈祷のしるしとして紙札をお渡しします。

護摩祈祷

3月の行事

觀音寺における3月の行事予定です。

 

1.  マンダラエンディングノートファシリテーター養成講座

3月17日(土) 午前10時~午後1時、3月18日(日) 午後1時~午後4時30分  觀音寺本堂にて

※ 3月17日(土) はマンダラエンディングノートを体験できます。 参加費は3,000円です。

マンダラエンディングノートファシリテーター養成講座

2.写経・写仏

3月20日(火)  午前10時~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円

P1020051

3.阿字観体験会

3月23日(金) 午前9時30分~ 觀音寺本堂にて

参加費(奉納料)500円

IMG_20171122_085651

4.不動護摩祈祷

3月29日(木) 午前10時~ 觀音寺本堂 東の間にて

添え護摩札 300円/枚

※ 添え護摩札とは、お願いごとを書く木の御札のことです。祈祷終了後、祈祷のしるしとして紙札をお渡しします。

護摩祈祷

ふさつ会を知っていますか?

あまり行われていない寺院行事、ふさつ会を紹介します。
  ふさつ会は何をするのでしょうか。
 今から約二千五百年前、お釈迦さまが説法をして歩いていたころ、出家者はたくさんの戒律を守り生活していました。
出家者は一日と十五日の月二回、戒律を守って生活できたかどうか反省する集会を持っていました。これがふさつ会です。
 戒を守ることができなかった人は、自ら罪を認めて反省します。戒を守ることができた人は黙っています。
自らの罪は、どんなに小さくても見逃してはいけないと説かれています。一滴の水は、積み重なれば石に穴を開けてしまいます。些細なことも大きな罪につながるのです。
 ふさつ会では丁子湯で手を洗い、籌(竹の棒のようなもの)を配って人数を集計します。籌で肩や腰をさすると痛みが和らぐと、参加者の間では密かに信じられています。
 そして、戒師(鳴門結衆では当番寺院の住職がつとめます)が教えを説きます。
 今月はお釈迦さまに代わって私が教えを説きたいと思います。どのような話になるのか、考えています。分かりやすくて、心に残る話をしたいといたします。お楽しみに。

写経・写仏を行いました

2月21日(日)に写経・写仏を行いました。メンバーは少ないのですが、毎回熱心に取り組んでくださいます。

写仏は、観音さまや阿弥陀如来など、いろいろ描いています。今月からお大師さま(弘法大師空海)を描き始めました。

実在した人物なので、仏さまに比べて描きやすいようです。

一度チャレンジしてみてください。

次回は、3月22日(火) 午前10時~ 長岸觀音寺本堂にて行います。奉納料500円です。

厄除け護摩を行いました

護摩祈祷

2月3日は節分です。

觀音寺では平成20年から節分に厄除け護摩祈祷を行っています。

厄年は怖いものなのでしょうか。

厄年になると病気をしたり、怪我をしたりするのではないかと心配します。そのため、お寺で厄除けの祈祷を申し込みます。

しかし、私は厄年は怖がる必要はないと考えています。

厄年は、長い人生において体調が大きく変化し、人生の節目があるときです。節目の時は、じっくりと腰を据えてよく考えることが肝要です。

つまり、人生の節目に立っているあなたは、どのような選択をしますか?と、問われているのです。

節分に合わせて、一度立ち止まりあなたの人生を考えてみてください。

太釈 拝