寺院だよりの励ましメッセージ

今月も全国からたくさん励ましのメッセージを頂戴しましたので紹介いたします。

数珠のこと4回シリーズではもったいない!
法服(作務衣など)の特集もいいな。
涼しくなったらお願いします。(和歌山県の読者様)

寺院だよりを読ませて頂きました。
文字と写真やイラストのバランスがいいですね。
数珠のこと、子育てのこと、「今さらこんな初歩的なことを聞くのがはずかし~い」と思っていることがやさしく書かれていると、ぜんぶ読みたくなりますね。(高知県の読者様)

数珠は一般人が持つポピュラーな仏教用具です。
身に付けたり所持したりすることで、なんとなく見えない力に守られているような気がします。
まして祈祷をしてもらったものなら効果倍増ですね。(鳴門市の読者様)

※皆様の声が励みになりますので、送ってください。
メールやハガキ、ホームページのお問合せ でも大丈夫です。
このコーナーで紹介させてもらいます。

お薬師さんの薬つぼ

お大師さまが今の時代にいたなら

新型コロナウィルスの感染が拡大しつつあるようです。
7月16日には全国で1日あたりの新規感染者が600名を越えました。


新型コロナウィルス感染拡大により“誰が感染者なのだろう”と私たちは疑心暗鬼になりがちですが、
お大師さまなら感染された方の早期回復を願う言葉が人々を救うと考えられるでしょう。
新型コロナウィルス感染患者にとって医療従事者の治療が必要です。
患者に対する慈しみの言葉は心の薬となりますが、誹謗中傷は何の役にも立ちません。

言葉の薬を処方したいものです。

育メン坊主のひとりごと

Q.小学生の娘が休み時間になると一人になってしまい寂しいと打ち明けました。

「一人でも平気なのかな」と思っていただけにいたたまれない気持ちです。

A. 子どもは個性があり、ひとりぼっちでも寂しくない子もいます。
でも、一人でいることが苦痛なら子どもの背中を押してあげたいものです。
コミュニケーションの取り方は親を見て学びます。
まず親が近所の人とあいさつしたり、立ち話をしたりしている様子を見て子どもは真似をします。
ご近所付き合いが苦手なら、あいさつすることから始めてみてはどうでしょうか。
子どもは親の背中を見ているものです。子育ては親育てです。

どうやって選べば良いの? 迷ったときのお数珠!

『どうやって選べば良いの? 迷ったときのお数珠!』

今月は、その④『数珠の素材とまとめ』です。

数珠の素材は大きく分けて天然木・天然石・人工素材があります。

天然木は紫檀(したん)、黒檀(こくたん)、鉄刀木(たがやさん)の唐木三大銘木(からきさんだいめいぼく)が主流です。
原産はインドや東南アジア、アフリカなどですが、遣唐使により日本に伝わったため唐木(からき)と呼ばれます。

素材が固く色が漆黒で重いので重厚感があります。
唐木以外によく使われる素材には柘植や菩提樹があります。
長寿のお守りとして重宝される屋久杉や芳香がある白檀などがあります。

DSC_0087

天然石は見た目が美しく、種類が豊富なので人気があります。
女性に人気なのはは紅水晶(ローズクォーツ)や紫水晶(アメジスト)などです。
男性は虎目石(タイガーアイ)やオニキスのような黒を主体とした重厚感のある色が好まれます。

人工素材はガラスやプラスチックなどで安価です。

基本的にお好みの素材を選んでもらって構いません。自分とご縁のあるものは見たときにピンと来るかもしれません。

数珠の意味や種類、構造、素材について紹介してきました。一生ものの数珠を見つけていただけるとうれしいです。
きっと数珠は皆さまの身を守ってくれる必須アイテムになることでしょう。

※ 護摩祈祷にて数珠も祈祷できます。