食事の作法

高野山での修業時代には、食事の前に食事作法(じきじさほう)をしていました。食事を前にしてチンプンカンプンな漢文や般若心経を唱えることは苦痛でなりませんでした。

 

修行を終えて30年も経つと、当時を客観的に捉えることも出来るようになりました。

 

高野山が発行している仏前勤行次第に在家(お坊さんではない人)向けの食事作法が載っています。お坊さん向けに比べるとずいぶんと省略されていますが、大事な部分は残っています。

 

食事作法(在家向け)を見てみましょう。

まずは呪願(じゅがん)です。

 

雨風(天候)が順調でありますように

五穀豊穣でありますように

十方の施主(すべての人々)が災いや障りが消えて幸福で長寿でありますように

食事を食べる前に天候や人々の幸福を祈ります。

私たちが食事ができるのは天候が安定して作物が収穫されたからです。それに関わる人々の幸せも祈るのです。

次に五観(ごかん)です。

1つには 己の行為を省みて、この食べ物が如何にして作られたかを思う

2つには 己の徳を積む行いが、完全であるか欠けているか、多いか少ないかを思う

3つには 善い心を妨げ過ちを起こすのは、貪りと怒りと愚痴であると思う

4つには 食べ物は命を養うためであり、正しい食べ物を必要なだけ摂ることを思う

5つには正しき生活を目標にして、いたずらに世の栄達を願わざるを思う

五観では、自分の行為を省みて食べ物は必要なだけ摂り、正しい生活をすることを誓います。

 

正食の偈(しょうじきのげ)では

食事を頂くときは、感謝をもって頂くとともに信仰の喜びを心の糧とすべきことを思う

感謝と信仰を心の糧とせよと説きます。生きるためにはいつも自分の行為を見直して、暴飲暴食せず感謝をもちたいですね。

最後に誓願の偈(せいがんのげ)です。

心の中で

「一切の悪を断つために」(ご飯を一口食べる)

「一切の善を修するために」(ご飯を一口食べる)

「一切の生を度するために」(ご飯を一口食べる)

「仏道に廻向するために」(おかずを一口食べる)

上記を唱えてから食事を始めます。

仏教ではご飯を一口食べるたびに祈りを捧げるのですね。

食事が終われば

食きょうの偈(じききょうのげ)では

食事を終わりしときは、正しき食事の作法とはそのまま修行の道なることを思うべし

と唱えます。

食事も修行になるのですね。

美味しく食事を頂くことは大事ですが、食事に関わる人々を思い感謝と信仰の心の糧としたいものです。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。

涅槃会とはどんな行事ですか

法話と天井絵の寺 觀音寺が所属する結衆では二大行事の1つに涅槃会(ねはんえ)があります。2月14日・15日に行われます。

 

2月15日はインド北部のクシナガラという場所でお釈迦さまが亡くなった日と伝わっています。お釈迦さまは35歳で悟りを開いて以来、人々のために教えを説く旅を続けました。

 

旅先で食事の接待を受けることも度々あったようですが、2月15日に亡くなる前に食べた食事で食中毒になってしまいました。ひどい下痢が続き脱水症状となりクシナガラの沙羅双樹の下で頭を北にして身体を横にされました。

 

 

 

お釈迦さまは自らの死期をさとり、弟子たちに最後の教えを説きました。

「私がいなくなっても悲しんではいけない。川の流れのように人の命は移り変わっていくもの(諸行無常)なのだ。あなたたちは私に従って生きてはいけない。私の説いた教えを灯として生きて行きなさい(自灯明 法灯明)」

 

 

 

お釈迦さまの教えは仏教として今に伝わります。お釈迦さまの遺徳を偲び、毎年2月15日に法要を行うことを涅槃会といいます。

 

今年は新型コロナウイルス感染症が収束の兆しが見られないため、住職方だけでひっそりとお釈迦さまを偲びたいと思います。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。

パステルアート体験で赤富士を描きました

月に1度のパステルアート体験でした。講師の松家みか先生に御縁を頂き今回で6回目になります。

私は絵心がないことが自慢です😁

写仏もなぞりの線画で精一杯です。下絵がありなぞっているだけなのに、できあがった仏画はどうもイマイチです。

觀音寺で行っているパステルアート体験は講師の松家みか先生が型紙を作ってくださり、指示どおりにパステルの色を乗せていくと上手く描けた気になります。

今月は赤富士を描きました。

 

 

お正月でめでたい梅や松を配してご来光をバックに映える赤富士のモチーフです。

松や梅が小さく細かいので難所でしたが、何とか切り抜けました。ご来光の放射エネルギーも何とか描けました。

来月はだるまさんの予定です。

ご来光とだるまさんを上下に並べると1枚の絵が完成する仕組みです。来月も楽しみです。

次回は

2月19日(日)午後1時30分〜

法話と天井絵の寺 觀音寺の本堂にて

参加費 1,500円

※ 準備するものはありません。パステルの粉が気になる方は袖付きのエプロンをお持ちください。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。

観音さん 描きました

これは、私が自分で手描きした「観音さん」です。

 

私がふとしたことで出会った一冊の本がきっかけです。

 

『にわぜんきゅうのだれでも描けるお地蔵さま』という本です。

https://amzn.asia/d/6EASTc3

現在6カ所の養護老人ホームで絵や粘土細工を教えていらっしゃいます。

 

その中で一番人気が「お地蔵さま教室」です。

 

お年寄りが「手が震えて描けない。」という人がいても、

 

「素朴で優しい絵が描ける。」ことを学ぶ方です。

 

認知症のおばあちゃんに「ゴッホ」とあだ名を付け、

 

「描く絵が周りを気にせず迫力のある絵が描ける」と、絶賛します。

 

「○を描くと心が丸くなり、お地蔵さまを描くと心が和みます。」と綴られています。

 

このお地蔵さんの応用編で、観音さんがありました。

 

さっそくチャレンジしてみましたが、ハタと困ってしまいました。

 

当寺の御本尊は「十一面観世音菩薩」なので宝冠の上に11の顔があります。

 

でも、下手くそな私の技術では「11の顔」が描けません。

 

ですから、ただの「観音さん」の絵です。

ちょっとふっくらした観音さんになってしまいました。

 

それもまたご愛敬。

合掌。

私たちは仏さまに拝まれている

お寺にお参りすると何をしますか?

手を洗う

カランカランと鰐口を鳴らず

本堂に入る

お賽銭を投げる

御本尊に合掌する

私たちは仏さまに合掌しますね。

私たちが拝んでいます。

でも、それ以前に仏さまはずっと合掌しています。

ずっと前から仏さまに拝まれているのです。

私たちが気がついていないだけ。

高野山奥之院ではお大師さまが、私たちにのために永遠の祈りを捧げています。

知らないうちに四方八方から拝まれているのですね。

自分1人しかいないと寂しくなったら、「仏さまに拝まれている」ことを思い出してください。

合掌

仏教の知恵で優れる豊かに過ごせますよう祈念しております。

 

アクティ部ぼうずの法話なブログを更新しています。

https://ameblo.jp/taisyaku2016/

笑顔で迎えてくださる正月のお参り

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

觀音寺では1月2日~13日ごろまで、ご希望のある檀家さん宅に一年の家内安全を祈祷する「家祈祷」を行っています。

 

希望される檀家さんが減ってきたとはいえ、正月の大事な行事です。何より檀家さんが正月から笑顔で迎えてくださるのが何よりうれしいです。

言い伝えによると、私の祖父に当たる先々代住職の教善住職により新年のご挨拶に代わって家内安全を祈祷する家祈祷を始めました。

鳴門結衆はもとより徳島県内でも家祈祷の実施例は少ないようです。貴重な伝統行事なので、細々でも息長く続けていきたいと思います。

 

さて、家祈祷はどこでお参りしているのでしょうか。

お正月に床の間に鏡餅をお供えしたり、専用の棚をあつらえてお供えをしたりしているところです。

しめ縄をかざり、柳の枝に縁起物の鯛や七福神の飾り物を吊り下げたり、餅をつけたりします。

お正月に神が宿るとされるお供えに祈祷しています。

家祈祷にて唱えているお経は九條錫杖経(くじょうしゃくじょうきょう)といい、錫杖(しゃくじょう)を鳴らしながら唱えることが特徴です。

錫杖とは、お遍路さんや野山を駆け巡る行者が手に持っているものです。先端は六つの輪が付いていて音が鳴るようになっています。
九條錫杖経の内容は簡潔に言うと、「ひとたび錫杖の音を聞けば、怠け者は精進し、戒律を破るものは守るようになり、怒れる者は慈悲の心を持つようになり、愚痴を言う者は知恵を授かり、あっという間に菩提の心(仏の心)を起こすようになる」とあります。

皆さまが菩提心を起こすことができますように祈念しております。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

 

Amebaブログを更新中

https://ameblo.jp/taisyaku2016/

 

旧正御影供でした

令和4年4月21日は旧暦の正御影供(しょうみえいく)でした。

弘法大師空海が高野山奥之院で入定(にゅうじょう)された日です。

 

昨年はコロナ禍でもあり、ひとりぼっちで正御影供をおつとめしました。

今年は法要の前に御詠歌講のメンバーが入定和讃など御詠歌の奉詠をしてくださいました。

御詠歌「入定和讃」は、弘法大師空海が入定される様子から始まり、入定後に帝の枕元に立ち和歌を詠み、弘法大師の名前とお衣を授けたことを七五調で切々と説きます。もの悲しいメロディーと相まって心を打ちます。

毎度、ありがたいことです。

旧正御影供とは?
高野山では「命日」とは絶対に言いません。

弘法大師空海は「亡くなっていない」からです。
ちょっと矛盾していますが、その理由を紹介しておきましょう。

弘法大師空海は中国で授かった密教を日本に弘めた人です。

その中心になる教えは「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」でした。

つまり、生きたこの身このままで仏になれるという教えです。

それまでの日本仏教は、何度も生まれ変わり、気の遠くなるような時間修行を積み重ねなくては仏になれないというのが定説でした。弘法大師空海は、それを打ち壊した新しい教えを持ち込んだので、相当の反発もあったようです。

しかし、人々は弘法大師空海の人柄に触れ、徳の高さに触れてファンになっていきます。

そして今もなお衰えることなく信仰が続いています。

さて、弘法大師空海は62歳で入定(にゅうじょう)しています。
なぜ入滅(にゅうめつ)や寂入(じゃくにゅう)という言葉を使わないのでしょうか。

その理由は「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」にあります。

 

弘法大師空海は自らの体を使って永遠に仏になる即身成仏を成し遂げました。

つまり、仏に成ったまま、今でも高野山奥之院で私たちを見守っておられるのです。

弘法大師空海は、ある日突然に十人の高弟を集め自らの入定(にゅうじょう)の日時を予言しました。
「私は3月21日に即身成仏を体現するため、穀物を断ち水も断つ。そして弥勒菩薩のもとで永遠に人々を救いたい」

あまりに突然でした。自分の命日を預言したのですから、驚かない方がおかしい。

この時、弘法大師空海は62才。高野山も完成していない状態でした。

「まだこれから法を説いてくださらなければ」と弟子たちが考えるのも無理はありませんでした。

 

弟子たちは、口々に言います。

「ずっとお慕い申しておりましたのに、これからどうすればいいのですか」
「空海さまがおられてこその高野山。完成の日までどうして待てないのですか」

弘法大師空海はこたえます。
「私は自ら即身にして仏と成ろうと決めた。涙をこぼすでないぞ、寂しく思うでないぞ。そなた達が私の名を呼べば、この身を千にちぎってでも駆けつけようぞ」

弟子達は、膝をかきむしる者、床に伏せって涙を流す者、じっとこらえる者、様々でありました。

弘法大師空海の決意は固い。そこで弟子が提案しました。
「せめて、そのお姿を写させてもらいたい。」

描かれた肖像画が「御影(みえい)」と呼ばれ、1200年経った今でも高野山に現存します。
御尊像は左手に五股杵、左手に念珠を持ち、椅子の上に座っておられます。
空海上人が在世中に十大弟子の一人である真如親王がお写しになりました。
そして空海上人が御自身で眼を入れて完成されたものです。
原本は国宝として高野山にの御影堂に収められています。

 

真言宗の寺院では「御影(みえい)」を掲げて弘法大師空海の入定を供養します。

この法要を「御影供(みえいく)」といいます。高野山でも山内をあげて盛大な法要が行われます。
image
特に弘法大師空海が高野山奥之院で入定した3月21日は「正御影供(しょうみえいく)」と言います。

さらに、弘法大師空海が生前に使っていたであろう旧暦の3月21日に行う場合は「旧正御影供(きゅうしょうみえいく)」として正御影供と区別しています。

私たち末寺の寺院でも同じように法要が営まれました。
弘法大師空海が残してくれたものはたくさんあります。

これからも大切にしていきたいと心を新たにする日でした。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

觀音寺にまつわる88話#2

觀音寺にまつわる話を書き留めておこうと思います。

觀音寺にまつわる88話#2

変遷

開基当時の寺院境内は、現在地より南(松茂町長岸字南洲)にありました。

松茂町史によれば、尾張国知多郡徳里の城主、古川越前守則村の子である三右衛門が元亀3年(1572 年)に部下を率いて当村に館を構えたのが長岸の始まりです。幾多の戦に疲れ、静かに農民として生活することを望んだのでしょう。

同じ頃、播州の浪人であった阿部弥一郎らも長岸に移住し開墾に従事しました。続いて、一森・藤川・川田の諸族も集いあって今日を築きました。

吉野川支流にできた三角州を開墾してできた地区です。一から開墾して屋敷を建て、田畑を耕し、助け合って生活していたのでしょう。

生活が安定してくると、神社と寺が必要だという考えが産まれたと思います。

神社は統合を繰り返したようですが、てらが開かれたのは1602年のことでした。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせるよう祈念しております。

觀音寺にまつわる88話#1

觀音寺にまつわる88話

#1 觀音寺の始まり

今から約 400 年以上前のことです。

時は戦国時代。

四国では土佐の武将である長宗我部元親長が、阿波の三好氏征伐のため高知県から四国山脈沿いに進攻し現在の池田町から鳴門市へと兵を進めました。

鳴門市大麻町姫田には、寳福寺(ほうふくじ)という七堂伽藍を擁する巨大な寺院がありました。御本尊は阿弥陀如来、脇侍に十一面観世音菩薩、地蔵菩薩がまつられ、地域の多大な信仰を集めていました。

しかし、巨大な寺院のため僧兵の拠点となっていたため長宗我部元親により寶福寺は焼失し、脇侍にま

つられていた十一面観世音菩薩は、幸いにも戦火を逃れ板野郡松茂町長岸へと移されました。もう一体の脇侍である地蔵菩薩は、同町内の音蔵寺へと移されました。

  1. 寳福寺から戦火を逃れ持ち出された十一面観世音菩薩を御本尊として、慶長七年(1602)に阿闍梨継果師により福聚山無量院觀音寺(法話と天井絵の寺 觀音寺)が開基されました。

二七日の意味とは?

1月も最終日になりました。

 

1月半ばに亡くなられた方の七日参りが始まります。

以前より体調は思わしくなかったのですが、通院しながら自宅で療養しておられました。

故人が亡くなった日も、ご近所の方が様子を気にしていたと言います。まだご近所付き合いが残っている地域ならではのことですね。

 

さて、亡くなられた方は仏式でお葬式をされました。

仏式でお葬式をされたということは、故人は導師(葬儀を行った御住職)によってお坊さんとなり死出の旅に発ちました。

 

ただ、一人旅なのでどこへ行って良いのやら、どこへ向いていけば良いのやら分かりません。

そこで故人が迷わないように導いてくださる仏さまが13人いると仏教では説きます。

毎回違う仏さまと出会いながら故人は旅を続けていきます。

 

故人が二七日(ふたなぬか)に出会う仏さまは釈迦

如来(しゃかにょらい)

です。

image

 

釈迦

如来

は、お釈迦

さまが亡くなった後に信仰されている仏さまです。

 

お釈迦さまは歴史上実在した人物で、今から約2,500年前に悟りを開き教えを弘めた方です。仏教の開祖ですね。

80歳で生涯を閉じるまで悟りを開いたことを人々に伝え、亡くなった後も自らの教えに従って生きていきなさいと弟子たちを導きました。

弟子たちはお釈迦さまの教えを今に伝えて仏教となっています。

 

故人は、二七日になると仏教の開祖

である釈迦如来のもとへたどり着きます。

そしてお釈迦様に「この道に進んで大丈夫でしょうか?」と尋ねるのです。つまり、お釈迦様に入門願いに行くのです。

 

すると釈迦如来は「よく来ましたね」と旅をねぎらってくださいます。

そして「何も心配しなくても良い。この道で間違いないので安心して歩いて行きなさい」と仏教入門を許されるのです。

 

故人もお釈迦様と出会うことができホッとひと息ついていることでしょう。

ご遺族も慌ただしく過ぎていった葬儀から2週間が経ち、少しホッとしていることと思います。

 

 

釈迦如来は右手で「施無畏の印(せむいのいん)」を、左手で「与願の印(よがんのいん)」を結んでおられます。

施無畏とは畏れや煩いのない平安な状態にして差し上げるという意味です。

与願とは仏さまが願いを聞き届け、希望を与えてくださるという意味です。

 

三七日に向けて旅を続けていく勇気をもらうことができることでしょう。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。