旧正御影供でした

令和4年4月21日は旧暦の正御影供(しょうみえいく)でした。

弘法大師空海が高野山奥之院で入定(にゅうじょう)された日です。

 

昨年はコロナ禍でもあり、ひとりぼっちで正御影供をおつとめしました。

今年は法要の前に御詠歌講のメンバーが入定和讃など御詠歌の奉詠をしてくださいました。

御詠歌「入定和讃」は、弘法大師空海が入定される様子から始まり、入定後に帝の枕元に立ち和歌を詠み、弘法大師の名前とお衣を授けたことを七五調で切々と説きます。もの悲しいメロディーと相まって心を打ちます。

毎度、ありがたいことです。

旧正御影供とは?
高野山では「命日」とは絶対に言いません。

弘法大師空海は「亡くなっていない」からです。
ちょっと矛盾していますが、その理由を紹介しておきましょう。

弘法大師空海は中国で授かった密教を日本に弘めた人です。

その中心になる教えは「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」でした。

つまり、生きたこの身このままで仏になれるという教えです。

それまでの日本仏教は、何度も生まれ変わり、気の遠くなるような時間修行を積み重ねなくては仏になれないというのが定説でした。弘法大師空海は、それを打ち壊した新しい教えを持ち込んだので、相当の反発もあったようです。

しかし、人々は弘法大師空海の人柄に触れ、徳の高さに触れてファンになっていきます。

そして今もなお衰えることなく信仰が続いています。

さて、弘法大師空海は62歳で入定(にゅうじょう)しています。
なぜ入滅(にゅうめつ)や寂入(じゃくにゅう)という言葉を使わないのでしょうか。

その理由は「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」にあります。

 

弘法大師空海は自らの体を使って永遠に仏になる即身成仏を成し遂げました。

つまり、仏に成ったまま、今でも高野山奥之院で私たちを見守っておられるのです。

弘法大師空海は、ある日突然に十人の高弟を集め自らの入定(にゅうじょう)の日時を予言しました。
「私は3月21日に即身成仏を体現するため、穀物を断ち水も断つ。そして弥勒菩薩のもとで永遠に人々を救いたい」

あまりに突然でした。自分の命日を預言したのですから、驚かない方がおかしい。

この時、弘法大師空海は62才。高野山も完成していない状態でした。

「まだこれから法を説いてくださらなければ」と弟子たちが考えるのも無理はありませんでした。

 

弟子たちは、口々に言います。

「ずっとお慕い申しておりましたのに、これからどうすればいいのですか」
「空海さまがおられてこその高野山。完成の日までどうして待てないのですか」

弘法大師空海はこたえます。
「私は自ら即身にして仏と成ろうと決めた。涙をこぼすでないぞ、寂しく思うでないぞ。そなた達が私の名を呼べば、この身を千にちぎってでも駆けつけようぞ」

弟子達は、膝をかきむしる者、床に伏せって涙を流す者、じっとこらえる者、様々でありました。

弘法大師空海の決意は固い。そこで弟子が提案しました。
「せめて、そのお姿を写させてもらいたい。」

描かれた肖像画が「御影(みえい)」と呼ばれ、1200年経った今でも高野山に現存します。
御尊像は左手に五股杵、左手に念珠を持ち、椅子の上に座っておられます。
空海上人が在世中に十大弟子の一人である真如親王がお写しになりました。
そして空海上人が御自身で眼を入れて完成されたものです。
原本は国宝として高野山にの御影堂に収められています。

 

真言宗の寺院では「御影(みえい)」を掲げて弘法大師空海の入定を供養します。

この法要を「御影供(みえいく)」といいます。高野山でも山内をあげて盛大な法要が行われます。
image
特に弘法大師空海が高野山奥之院で入定した3月21日は「正御影供(しょうみえいく)」と言います。

さらに、弘法大師空海が生前に使っていたであろう旧暦の3月21日に行う場合は「旧正御影供(きゅうしょうみえいく)」として正御影供と区別しています。

私たち末寺の寺院でも同じように法要が営まれました。
弘法大師空海が残してくれたものはたくさんあります。

これからも大切にしていきたいと心を新たにする日でした。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

觀音寺にまつわる88話#2

觀音寺にまつわる話を書き留めておこうと思います。

觀音寺にまつわる88話#2

変遷

開基当時の寺院境内は、現在地より南(松茂町長岸字南洲)にありました。

松茂町史によれば、尾張国知多郡徳里の城主、古川越前守則村の子である三右衛門が元亀3年(1572 年)に部下を率いて当村に館を構えたのが長岸の始まりです。幾多の戦に疲れ、静かに農民として生活することを望んだのでしょう。

同じ頃、播州の浪人であった阿部弥一郎らも長岸に移住し開墾に従事しました。続いて、一森・藤川・川田の諸族も集いあって今日を築きました。

吉野川支流にできた三角州を開墾してできた地区です。一から開墾して屋敷を建て、田畑を耕し、助け合って生活していたのでしょう。

生活が安定してくると、神社と寺が必要だという考えが産まれたと思います。

神社は統合を繰り返したようですが、てらが開かれたのは1602年のことでした。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせるよう祈念しております。

觀音寺にまつわる88話#1

觀音寺にまつわる88話

#1 觀音寺の始まり

今から約 400 年以上前のことです。

時は戦国時代。

四国では土佐の武将である長宗我部元親長が、阿波の三好氏征伐のため高知県から四国山脈沿いに進攻し現在の池田町から鳴門市へと兵を進めました。

鳴門市大麻町姫田には、寳福寺(ほうふくじ)という七堂伽藍を擁する巨大な寺院がありました。御本尊は阿弥陀如来、脇侍に十一面観世音菩薩、地蔵菩薩がまつられ、地域の多大な信仰を集めていました。

しかし、巨大な寺院のため僧兵の拠点となっていたため長宗我部元親により寶福寺は焼失し、脇侍にま

つられていた十一面観世音菩薩は、幸いにも戦火を逃れ板野郡松茂町長岸へと移されました。もう一体の脇侍である地蔵菩薩は、同町内の音蔵寺へと移されました。

  1. 寳福寺から戦火を逃れ持ち出された十一面観世音菩薩を御本尊として、慶長七年(1602)に阿闍梨継果師により福聚山無量院觀音寺(法話と天井絵の寺 觀音寺)が開基されました。

二七日の意味とは?

1月も最終日になりました。

 

1月半ばに亡くなられた方の七日参りが始まります。

以前より体調は思わしくなかったのですが、通院しながら自宅で療養しておられました。

故人が亡くなった日も、ご近所の方が様子を気にしていたと言います。まだご近所付き合いが残っている地域ならではのことですね。

 

さて、亡くなられた方は仏式でお葬式をされました。

仏式でお葬式をされたということは、故人は導師(葬儀を行った御住職)によってお坊さんとなり死出の旅に発ちました。

 

ただ、一人旅なのでどこへ行って良いのやら、どこへ向いていけば良いのやら分かりません。

そこで故人が迷わないように導いてくださる仏さまが13人いると仏教では説きます。

毎回違う仏さまと出会いながら故人は旅を続けていきます。

 

故人が二七日(ふたなぬか)に出会う仏さまは釈迦

如来(しゃかにょらい)

です。

image

 

釈迦

如来

は、お釈迦

さまが亡くなった後に信仰されている仏さまです。

 

お釈迦さまは歴史上実在した人物で、今から約2,500年前に悟りを開き教えを弘めた方です。仏教の開祖ですね。

80歳で生涯を閉じるまで悟りを開いたことを人々に伝え、亡くなった後も自らの教えに従って生きていきなさいと弟子たちを導きました。

弟子たちはお釈迦さまの教えを今に伝えて仏教となっています。

 

故人は、二七日になると仏教の開祖

である釈迦如来のもとへたどり着きます。

そしてお釈迦様に「この道に進んで大丈夫でしょうか?」と尋ねるのです。つまり、お釈迦様に入門願いに行くのです。

 

すると釈迦如来は「よく来ましたね」と旅をねぎらってくださいます。

そして「何も心配しなくても良い。この道で間違いないので安心して歩いて行きなさい」と仏教入門を許されるのです。

 

故人もお釈迦様と出会うことができホッとひと息ついていることでしょう。

ご遺族も慌ただしく過ぎていった葬儀から2週間が経ち、少しホッとしていることと思います。

 

 

釈迦如来は右手で「施無畏の印(せむいのいん)」を、左手で「与願の印(よがんのいん)」を結んでおられます。

施無畏とは畏れや煩いのない平安な状態にして差し上げるという意味です。

与願とは仏さまが願いを聞き届け、希望を与えてくださるという意味です。

 

三七日に向けて旅を続けていく勇気をもらうことができることでしょう。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

理由もなく読経をするのはおかしい?

本堂で一人静かに読経していると、「何のために読経をしているのか」と問う人がいました。

問うた人は、読経は供養のために唱えるものであり理由もなく読経するのはおかしいと思っているようです。

 

私は一寺を預かる住職です。

誰のためでもなく御本尊に祈りを捧げるのは住職の役目です。

「何のために読経しているのか」という問いには、「私が住職という役目を与えられているから」です。

 

誰でもが住職になれるわけではありません。

どんなに信心が篤くても、どれだけ仏教に通じていても、御縁がなければ住職になることはできません。

めったにない御縁によって住職になっているからこそ、一人静かに読経して御本尊に祈りを捧げるのです。

困ったときだけ、調子のいいときだけ御本尊に頼るのではありません。

何もないときだからこそ、御本尊に祈るのです。

 

高野山の先生に言われたことを今でも思い出します。

「あなたたちは将来、寺の住職になっていくことでしょう。寺の住職である前にひとりの僧侶であることを忘れてはいけません。俗な言い方をすれば、お布施をもらわない読経をどれだけできるかがあなたの僧侶としての価値を決めるのです」

 

読経は供養のために唱えるものであり理由もなく読経するのはおかしいと思う人もいます。

でも、私は僧侶として、住職という役目を与えられた者として一人静かに読経したいと思います。

 

空海は

「私たちの身体は満開になった花ようにいつか枯れ落ちてしまうけれど、心は香りのように漂うものだ」と説きました。

私の香りが残り香のように漂うことができるよう精進したいものです。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

育メン坊主のひとりごと

子育ての悩みを仏教で解決するQ&A

 

Q. 第2子を帝王切開で出産予定です。

手術日が不成就日に当たるので日程を変えてもらいましたが、これでよかったのかと悩んでいます。

育メンぼうずの中村が答えます。

A.出産は母子ともに身体の負担が大きいものです。なるべくリスクが少なくなるよう気を遣うものです。
帝王切開の手術日が不成就日に当たることが気になるのですね。

不成就日とは干支と陰陽五行説により決められます。バイオリズムのようなものです。

子どもが生まれる日は天の采配です。子どもにとって最もよい日時に生まれてきてくれます。

暦などは気にしなくてもよいでしょう。

 

それよりも、大切なことがあります。

出産はお母さんにしかできないことです。命をかけてまで新しい生命を生み出すことです。

仏教では身施(しんせ)と説きます。自分の身体を使って行う布施です。

生まれてくる子どもが元気であるよう、祈り精進してください。

かけがえのない瞬間が待っています。

母子ともに健康でありますよう祈念しております。

 

合掌

10月の御朱印授与日とイベント案内

10月の御朱印授与日

10月11日(月) 午前10時~午後1時
10月12日(火) 午後1時~3時
10月13日(水) 正午~午後2時
10月14日(木) 午後1時~3時
10月18日(月) 午前10時~午後1時
10月19日(火) 午前10時~午後1時
10月20日(水) 午前10時~午後1時
10月25日(月) 午前10時~午後1時 仏器磨き体験も同時開催
10月26日(火) 午前10時~午後1時
10月27日(水) 午前10時~午後1時
10月29日(金) 午前10時~午後1時

イベント案内
10月8日(金) 五穀豊穣祈願祭(護摩祈祷)
午前10時~ 木札5,000円 紙札300円

10月14日(木) ゆったり寺ヨガ
満員御礼

10月21日(木) 写経
午前10時~ 奉納料500円 筆ペンにて般若心経を写経します。
初心者歓迎

10月23日(土) いのちの積み木ワークショップ
ご先祖さまを深く想い、命について考えます。
午後2時~ 参加費 3,000円

10月25日(月) おみがきの日
真鍮製の仏器を心を込めて磨きます。
午前10時~ 準備物 軍手、ぞうきん、汚れても気にならない服装にて

10月28日(木) 不動護摩祈祷
午前10時~  祈祷料 添え護摩札300円/枚

10月30日(土) 第2回コロナ退散 笑い愛 桂七福落語会
午後4時開演 参加費 1,000円

11月28日(日) クリスタルボウル・ヒーリング演奏会
午後1時開演 参加費 2,000円

12月3日(金) お寺で足もみセルフケア講座
足の裏で内臓の状態が丸わかり 自分で足もみ(リフレクソロジー)をして健康増進!
午前10時~ 教材費2,500円
準備物 バスタオル、飲み物、動きやすい服装にて
講師 板東信吾先生(若石リフレクソロジー上級プロ)

12月19日(日) お寺で料理を作ろう ~子ども食堂in觀音寺~
午前10時~ 参加費無料
準備物 エプロン、三角巾、マスク、手拭きタオル、自分の飲み物(水やお茶)
講師 大杉まや先生(阿波ふうどスペシャリスト)

ネット上で御朱印などの予約ができるようになりました。
グレーになっている部分は、寺院行事や所用などで予約受付ができない部分となっています。

御朱印の授与やイベントの参加申し込み、住職とのおしゃべり(20分まで)、悩みごと相談(20分まで無料)ISD個性診断(2,000円)、新規イベントの計画案などが予約できるようになりました。

https://airrsv.net/houwa-kanonji/calendar

キャンセルもできるようになっていますので、お気軽にお申し込みください。

9月の御朱印

9月になって置き書き用の御朱印を新しくしています。

天井絵の印が
蓮の花→牛と子ども(秋の収穫のイメージ)
特産品の印が
梨→サツマイモ(鳴門金時)
に変更です。
※ 徳島アラート最上位の「特別警戒」発令のため9月20日まで置き書き対応といたします。

予約ができるようになりました

ネット上で観音寺の予約ができるようになりました。

御朱印の授与や各種の寺院行事やイベントの参加申し込み、住職とのおしゃべり(20分まで)、悩みごと相談(20分まで無料)、新規イベントの計画案などが予約できるようになりました。

予約サイトはこちら

https://airrsv.net/houwa-kanonji/calendar

キャンセルもできるようになっていますので、お気軽にお申し込みください。

※ 9月は徳島アラートの最上位「特定警戒」が発令しているので9月20日(月)までは御朱印など寺院行事は見合わせます。

お盆お参り 御礼

赤とんぼが飛んでいるのを見て少し驚きました。
そうか。もう立秋は過ぎたのですね。

今年の立秋は8月7日でした。2週間も前に立秋を迎えたことを、すっかり忘れていました。

8月21日の灯籠流しにてお盆の行事がすべて終わりました。
地域によっては8/24の地蔵盆や地蔵流しを行うことがあります。

振り返ってみれば、7月下旬のお盆と言えない時期から棚経にお参りさせてもらいました。
オリンピックが開会し、首都圏をはじめ各地で緊急事態宣言が発令される中で8月に入り15日までの間に棚経にお参りさせてもらいました。

「棚経は修行である」と書きましたが、お参りを受けてくださる方がいて棚経が成立します。私が勝手に押しかけてお参りするわけにはいきません。

檀家さんも私に対して利他行という修行をしてくださったのだと思い当たりました。

私も、檀家さんも互いに利他行という修行を行うのがお盆のお参りです。

 

毎年、自分の体力との勝負です。なるべく長い間、利他行をさせてもらおうと思いました。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。