お薬師さんの薬つぼ

お大師さまが今の時代にいたなら

新型コロナウィルスの感染が拡大しつつあるようです。
7月16日には全国で1日あたりの新規感染者が600名を越えました。


新型コロナウィルス感染拡大により“誰が感染者なのだろう”と私たちは疑心暗鬼になりがちですが、
お大師さまなら感染された方の早期回復を願う言葉が人々を救うと考えられるでしょう。
新型コロナウィルス感染患者にとって医療従事者の治療が必要です。
患者に対する慈しみの言葉は心の薬となりますが、誹謗中傷は何の役にも立ちません。

言葉の薬を処方したいものです。