ゆったりすぎない ゆったり寺ヨガ

今日は月に1度のゆったり寺ヨガでした。

 

 

あるカフェでスカウトした(決してナンパではない)ヨガの先生に来てもらうようになって1年6ヶ月ぐらいになるでしょうか。

御縁は不思議なもので、ヨガの先生も「お寺でヨガをやってみたかった」とのこと。

お寺に電話で営業してみたものの色よい返事を得られなかったようです。

 

私も觀音寺でイベントをやりたくて、継続的にできてお寺のイメージに合うものを探していました。

Facebookなどでお寺ヨガをやっているのを目にして、ずっと気になっていました。

でも、ヨガの先生がいない……

 

おかげで御縁がつながって今も定期的にヨガをやっています。

ゆったり寺ヨガと50歳からのゆるゆるヨガの2種類のヨガをやっています。

 

ゆったりヨガといっても、私にはゆったりしないヨガになっています。

すでに筋肉痛の気配があり(笑)

 

ヨガを体験してもらった方には「お寺の本堂の雰囲気とヨガが合っていて、さらに上を見上げたら天井絵があって楽しい経験ができた」と感想をいただきました。

 

ヨガで「オーン」と発声するのは仏教と関係があるの?という話題になりました。

真言は「オン マカキャロニキャ ソワカ」のように、始めに「オン」が入ります。

オン自体には意味はなく、訳すと「聖なる音」ぐらいの意味です。

真言も訳してしまうと言葉の羅列になってしまうので、インドの言葉(サンスクリット語)をそのまま声に出して唱えています。

 

真言は声に出して音にすることに意味があります。

音の響きが大切なんですね。

真言は、意味は分からなくても声を出して唱えてみましょう。

 

ヨガは自分の体に対する「思いやり」です。

筋肉痛になるぐらいがんばった自分の体を知ることがヨガです。

運動が苦手でも、体が固くても大丈夫です。

一番体が固くてモタモタしているのが私なので、だれでもブービーになれますから。

一歩踏み出してヨガに興味を持って体験してみるだけでOKです。

 

次回のゆったり寺ヨガは6月17日(木) 午前10時~ 觀音寺にて

お待ちしております。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。