新刊『人を想うこころ』ちょい読み 秘密の印をこっそり教えます

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊予定です。

発刊に先立って本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

釈迦如来の秘密の印をこっそり教えます

釈迦如来(しゃかにょらい)が結んでいる秘密の印について、ちょっぴり紹介します。

釈迦如来

 

釈迦如来は、右手をあげて手のひらをこちらに向けています。これは施無畏(せむい)の印(いん)といいます。

施無畏(せむい)とは、あなたを怖(おそ)れや煩(わずら)いのない平安な状態にするという意味です。

 

釈迦如来の左手はへそのあたりで手のひらを上に向けています。

これは与願(よがん)の印(いん)といいます。

与願(よがん)とは、仏さまがあなたの願いを聞き届け、希望を与えてくださるという意味です。

 

つまり、釈迦如来は施無畏の印で

「なにも怖れることはない。煩いのない平安な状態になることができる。あなたの願いを聞き遂げるので、希望を持ちなさい」

と、言っておられるのです。