新刊『人を想うこころ』先読み 法事やお墓参りは義務ですか

新刊『人を想うこころ』~人生で大切な恩と供養の話~ が平成29年10月1日に発刊予定です。

発刊に先立って本書の一部を先読みしてもらえるようブログで公開いたします。
なぜ、供養をしなくてはいけないのか。
なぜ、恩が大切なのか。
本書で気づいてもらえるとうれしいです。


 

法事やお墓参りは義務ですか

人の心に宿る想いを大切にすることを、仏教では恩といいます。

空海(くうかい)は、あなたが知らないうちに受けている恩は四つあると言います。

%e5%bc%98%e6%b3%95%e5%a4%a7%e5%b8%ab%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8

①父母からの恩
②友人・知人(仏教では衆生(しゅじょう)といい、すべての生きとし生けるものを指します)から受けている見返りを求めない恩、
③国政が安定していることにより、あなたが命の危険にさらされることなく生活することができる恩
④仏教によりあなたの心が安定することができる恩です。

あなたが四つの恩を知ることで、日ごろ受けているけれど返すことができていない恩があることに気づきます。

父・母の恩は身近に感じていますが、友人・知人の恩はどうでしょうか。友人・知人に世話になったとしても、お互いさまで済ませていませんか。

また、犯罪や事故の発生率が低い日本で生活していると、毎日の生活で命の危険を感じることはあまりありません。あなたが命の危険を感じることなく生活できているのは、国政が安定して生きるために争いを必要としないからです。

そして、日常使っている言葉の中に溶け込んでいる仏教の教えによって、あなたは心穏やかな日々を過ごすことができているのです。