新刊の先読み その3 仏さまはほっとけ様ですか?

なぜ、この本を書かなくてはいけないと思ったのか。その3です。

仏さまなんて、ほっとけ様だ!と言われたことがあります。

お盆やお彼岸に先祖供養をするとほっとすると言います。日々の生活に追われて満足にお墓参りができていなかったので、せめてお盆とお彼岸には忙しくても時間を作り、お墓参りをすると気が落ち着くのです。

墓参り

私がお盆のお参りで、ある檀家さんを訪問したときです。

私の顔を見るなり、「忙しくて何も準備はできていない。お盆だからといって仕事は休みではない。仏さんなんざ、ほっとけ様だ」と言いました。

仕事が忙しい、盆も正月もない、先祖供養に構っていられない。その通りです。

しかし、あなたは突然に生まれたのではありません。父と母の縁があり、祖父と祖母の縁があり、ご先祖さまが綿々と継いでこられた縁があったから、今この世に生を受けているのです。

ほっとけ様と言ってしまうのは、ご先祖さまの御縁を否定してしまいます。供養することで御縁を肯定し、いつまでもご先祖さまに恩を返し続けていくことができるのです。