普段使っている仏教語「共同」

普段使っている仏教語
 
共同作業など「共同」という言葉は日常的に使っていますが、もとは仏教語であることは知っていますか?
 
仏教語では共同と書いて「ぐどう」と読みます。すべての存在は必要があって存在しているのだから、全員がよい状態に暮らしていけるようにするという意味です。
 
自分だけよければそれでいいのでは、真の幸せはやってきません。かといって自分を犠牲にして他人に尽くせばよいかというと、そうでもありません。
 
7つの習慣では自分だけよければよいをWin-Lose、自分を犠牲にして他人に尽くすをLose-Winと表現しています。どちらも不満が残りよい人間関係が築けません。
 
目の前にいる人にできる限りの心を尽くす共同の心で生きたいです。
 
#7つの習慣
#仏教語
#WinWin
#公的成功