緊急ではないけれど重要なことをするために

スケジュール帳に書き込むことは、人と会う予定や仕事の約束、病院やリフレクソロジーの予約、子どもの送迎時間などが多いものです。
私もしなければいけない予定ばかりを書き込まれているスケジュール帳を見て、緊急ではないけれど重要なこと(第Ⅱ領域)の予定が入っていない事に気がつきました。そこで、自分がやりたい第Ⅱ領域のこと、例えば行きたいカフェに行く、オンライン講義の振り返りをする、新しい本の企画を考える、ストレッチをする、受講した心理学のテストを受ける、などを先に書き込みました。この時間は第Ⅱ領域を優先することを決意したわけです。
ところが、その時間になってみると緊急なことに優先順位を奪われてしまいそうになります。第Ⅱ領域を優先させることを躊躇してしまいそうになります。それでも「エイッ」と第Ⅱ領域を優先するとなんだか気持ちいいのです。
空海は「仏はものすごい功徳をもっているので教えを実践するものは必ず楽しみを得ることができる」と説きました。
第Ⅱ領域を優先するためには意思や自制心、誠実さ、決意の原則が必要です。原則を中心に生きれば必ず楽しみを得ることができるはずです。