育メン坊主のひとりごと

子育ての悩みを仏教で解決するQ&A

 

Q. 第2子を帝王切開で出産予定です。

手術日が不成就日に当たるので日程を変えてもらいましたが、これでよかったのかと悩んでいます。

育メンぼうずの中村が答えます。

A.出産は母子ともに身体の負担が大きいものです。なるべくリスクが少なくなるよう気を遣うものです。
帝王切開の手術日が不成就日に当たることが気になるのですね。

不成就日とは干支と陰陽五行説により決められます。バイオリズムのようなものです。

子どもが生まれる日は天の采配です。子どもにとって最もよい日時に生まれてきてくれます。

暦などは気にしなくてもよいでしょう。

 

それよりも、大切なことがあります。

出産はお母さんにしかできないことです。命をかけてまで新しい生命を生み出すことです。

仏教では身施(しんせ)と説きます。自分の身体を使って行う布施です。

生まれてくる子どもが元気であるよう、祈り精進してください。

かけがえのない瞬間が待っています。

母子ともに健康でありますよう祈念しております。

 

合掌