食事の作法

高野山での修業時代には、食事の前に食事作法(じきじさほう)をしていました。食事を前にしてチンプンカンプンな漢文や般若心経を唱えることは苦痛でなりませんでした。

 

修行を終えて30年も経つと、当時を客観的に捉えることも出来るようになりました。

 

高野山が発行している仏前勤行次第に在家(お坊さんではない人)向けの食事作法が載っています。お坊さん向けに比べるとずいぶんと省略されていますが、大事な部分は残っています。

 

食事作法(在家向け)を見てみましょう。

まずは呪願(じゅがん)です。

 

雨風(天候)が順調でありますように

五穀豊穣でありますように

十方の施主(すべての人々)が災いや障りが消えて幸福で長寿でありますように

食事を食べる前に天候や人々の幸福を祈ります。

私たちが食事ができるのは天候が安定して作物が収穫されたからです。それに関わる人々の幸せも祈るのです。

次に五観(ごかん)です。

1つには 己の行為を省みて、この食べ物が如何にして作られたかを思う

2つには 己の徳を積む行いが、完全であるか欠けているか、多いか少ないかを思う

3つには 善い心を妨げ過ちを起こすのは、貪りと怒りと愚痴であると思う

4つには 食べ物は命を養うためであり、正しい食べ物を必要なだけ摂ることを思う

5つには正しき生活を目標にして、いたずらに世の栄達を願わざるを思う

五観では、自分の行為を省みて食べ物は必要なだけ摂り、正しい生活をすることを誓います。

 

正食の偈(しょうじきのげ)では

食事を頂くときは、感謝をもって頂くとともに信仰の喜びを心の糧とすべきことを思う

感謝と信仰を心の糧とせよと説きます。生きるためにはいつも自分の行為を見直して、暴飲暴食せず感謝をもちたいですね。

最後に誓願の偈(せいがんのげ)です。

心の中で

「一切の悪を断つために」(ご飯を一口食べる)

「一切の善を修するために」(ご飯を一口食べる)

「一切の生を度するために」(ご飯を一口食べる)

「仏道に廻向するために」(おかずを一口食べる)

上記を唱えてから食事を始めます。

仏教ではご飯を一口食べるたびに祈りを捧げるのですね。

食事が終われば

食きょうの偈(じききょうのげ)では

食事を終わりしときは、正しき食事の作法とはそのまま修行の道なることを思うべし

と唱えます。

食事も修行になるのですね。

美味しく食事を頂くことは大事ですが、食事に関わる人々を思い感謝と信仰の心の糧としたいものです。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。

涅槃会とはどんな行事ですか

法話と天井絵の寺 觀音寺が所属する結衆では二大行事の1つに涅槃会(ねはんえ)があります。2月14日・15日に行われます。

 

2月15日はインド北部のクシナガラという場所でお釈迦さまが亡くなった日と伝わっています。お釈迦さまは35歳で悟りを開いて以来、人々のために教えを説く旅を続けました。

 

旅先で食事の接待を受けることも度々あったようですが、2月15日に亡くなる前に食べた食事で食中毒になってしまいました。ひどい下痢が続き脱水症状となりクシナガラの沙羅双樹の下で頭を北にして身体を横にされました。

 

 

 

お釈迦さまは自らの死期をさとり、弟子たちに最後の教えを説きました。

「私がいなくなっても悲しんではいけない。川の流れのように人の命は移り変わっていくもの(諸行無常)なのだ。あなたたちは私に従って生きてはいけない。私の説いた教えを灯として生きて行きなさい(自灯明 法灯明)」

 

 

 

お釈迦さまの教えは仏教として今に伝わります。お釈迦さまの遺徳を偲び、毎年2月15日に法要を行うことを涅槃会といいます。

 

今年は新型コロナウイルス感染症が収束の兆しが見られないため、住職方だけでひっそりとお釈迦さまを偲びたいと思います。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。

観音さん 描きました

これは、私が自分で手描きした「観音さん」です。

 

私がふとしたことで出会った一冊の本がきっかけです。

 

『にわぜんきゅうのだれでも描けるお地蔵さま』という本です。

https://amzn.asia/d/6EASTc3

現在6カ所の養護老人ホームで絵や粘土細工を教えていらっしゃいます。

 

その中で一番人気が「お地蔵さま教室」です。

 

お年寄りが「手が震えて描けない。」という人がいても、

 

「素朴で優しい絵が描ける。」ことを学ぶ方です。

 

認知症のおばあちゃんに「ゴッホ」とあだ名を付け、

 

「描く絵が周りを気にせず迫力のある絵が描ける」と、絶賛します。

 

「○を描くと心が丸くなり、お地蔵さまを描くと心が和みます。」と綴られています。

 

このお地蔵さんの応用編で、観音さんがありました。

 

さっそくチャレンジしてみましたが、ハタと困ってしまいました。

 

当寺の御本尊は「十一面観世音菩薩」なので宝冠の上に11の顔があります。

 

でも、下手くそな私の技術では「11の顔」が描けません。

 

ですから、ただの「観音さん」の絵です。

ちょっとふっくらした観音さんになってしまいました。

 

それもまたご愛敬。

合掌。

私たちは仏さまに拝まれている

お寺にお参りすると何をしますか?

手を洗う

カランカランと鰐口を鳴らず

本堂に入る

お賽銭を投げる

御本尊に合掌する

私たちは仏さまに合掌しますね。

私たちが拝んでいます。

でも、それ以前に仏さまはずっと合掌しています。

ずっと前から仏さまに拝まれているのです。

私たちが気がついていないだけ。

高野山奥之院ではお大師さまが、私たちにのために永遠の祈りを捧げています。

知らないうちに四方八方から拝まれているのですね。

自分1人しかいないと寂しくなったら、「仏さまに拝まれている」ことを思い出してください。

合掌

仏教の知恵で優れる豊かに過ごせますよう祈念しております。

 

アクティ部ぼうずの法話なブログを更新しています。

https://ameblo.jp/taisyaku2016/

二七日の意味とは?

1月も最終日になりました。

 

1月半ばに亡くなられた方の七日参りが始まります。

以前より体調は思わしくなかったのですが、通院しながら自宅で療養しておられました。

故人が亡くなった日も、ご近所の方が様子を気にしていたと言います。まだご近所付き合いが残っている地域ならではのことですね。

 

さて、亡くなられた方は仏式でお葬式をされました。

仏式でお葬式をされたということは、故人は導師(葬儀を行った御住職)によってお坊さんとなり死出の旅に発ちました。

 

ただ、一人旅なのでどこへ行って良いのやら、どこへ向いていけば良いのやら分かりません。

そこで故人が迷わないように導いてくださる仏さまが13人いると仏教では説きます。

毎回違う仏さまと出会いながら故人は旅を続けていきます。

 

故人が二七日(ふたなぬか)に出会う仏さまは釈迦

如来(しゃかにょらい)

です。

image

 

釈迦

如来

は、お釈迦

さまが亡くなった後に信仰されている仏さまです。

 

お釈迦さまは歴史上実在した人物で、今から約2,500年前に悟りを開き教えを弘めた方です。仏教の開祖ですね。

80歳で生涯を閉じるまで悟りを開いたことを人々に伝え、亡くなった後も自らの教えに従って生きていきなさいと弟子たちを導きました。

弟子たちはお釈迦さまの教えを今に伝えて仏教となっています。

 

故人は、二七日になると仏教の開祖

である釈迦如来のもとへたどり着きます。

そしてお釈迦様に「この道に進んで大丈夫でしょうか?」と尋ねるのです。つまり、お釈迦様に入門願いに行くのです。

 

すると釈迦如来は「よく来ましたね」と旅をねぎらってくださいます。

そして「何も心配しなくても良い。この道で間違いないので安心して歩いて行きなさい」と仏教入門を許されるのです。

 

故人もお釈迦様と出会うことができホッとひと息ついていることでしょう。

ご遺族も慌ただしく過ぎていった葬儀から2週間が経ち、少しホッとしていることと思います。

 

 

釈迦如来は右手で「施無畏の印(せむいのいん)」を、左手で「与願の印(よがんのいん)」を結んでおられます。

施無畏とは畏れや煩いのない平安な状態にして差し上げるという意味です。

与願とは仏さまが願いを聞き届け、希望を与えてくださるという意味です。

 

三七日に向けて旅を続けていく勇気をもらうことができることでしょう。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

理由もなく読経をするのはおかしい?

本堂で一人静かに読経していると、「何のために読経をしているのか」と問う人がいました。

問うた人は、読経は供養のために唱えるものであり理由もなく読経するのはおかしいと思っているようです。

 

私は一寺を預かる住職です。

誰のためでもなく御本尊に祈りを捧げるのは住職の役目です。

「何のために読経しているのか」という問いには、「私が住職という役目を与えられているから」です。

 

誰でもが住職になれるわけではありません。

どんなに信心が篤くても、どれだけ仏教に通じていても、御縁がなければ住職になることはできません。

めったにない御縁によって住職になっているからこそ、一人静かに読経して御本尊に祈りを捧げるのです。

困ったときだけ、調子のいいときだけ御本尊に頼るのではありません。

何もないときだからこそ、御本尊に祈るのです。

 

高野山の先生に言われたことを今でも思い出します。

「あなたたちは将来、寺の住職になっていくことでしょう。寺の住職である前にひとりの僧侶であることを忘れてはいけません。俗な言い方をすれば、お布施をもらわない読経をどれだけできるかがあなたの僧侶としての価値を決めるのです」

 

読経は供養のために唱えるものであり理由もなく読経するのはおかしいと思う人もいます。

でも、私は僧侶として、住職という役目を与えられた者として一人静かに読経したいと思います。

 

空海は

「私たちの身体は満開になった花ようにいつか枯れ落ちてしまうけれど、心は香りのように漂うものだ」と説きました。

私の香りが残り香のように漂うことができるよう精進したいものです。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

育メン坊主のひとりごと

子育ての悩みを仏教で解決するQ&A

 

Q. 第2子を帝王切開で出産予定です。

手術日が不成就日に当たるので日程を変えてもらいましたが、これでよかったのかと悩んでいます。

育メンぼうずの中村が答えます。

A.出産は母子ともに身体の負担が大きいものです。なるべくリスクが少なくなるよう気を遣うものです。
帝王切開の手術日が不成就日に当たることが気になるのですね。

不成就日とは干支と陰陽五行説により決められます。バイオリズムのようなものです。

子どもが生まれる日は天の采配です。子どもにとって最もよい日時に生まれてきてくれます。

暦などは気にしなくてもよいでしょう。

 

それよりも、大切なことがあります。

出産はお母さんにしかできないことです。命をかけてまで新しい生命を生み出すことです。

仏教では身施(しんせ)と説きます。自分の身体を使って行う布施です。

生まれてくる子どもが元気であるよう、祈り精進してください。

かけがえのない瞬間が待っています。

母子ともに健康でありますよう祈念しております。

 

合掌

実は私は作家です

大きな声で言っていないのですが、私は作家なのです。

今までに4冊の本を出版させてもらいました。

1.電子書籍Kindle版『積み重ねる生き方 ~空海に学ぶ自分の人生に満足する法~』フォレスト出版

空海上人の生涯をたどりつつ、私の生き方を模索した様子を書いています。
さらに、空海上人が語らなかった空白の7年間にしていたこととは?について考察しています。私なりに力作です。
Amazonリンク https://amzn.to/2PkrxA4

2.『人を想うこころ ~人生で大切な恩と供養の話~』

なぜ先祖供養をしなくてはいけないのか。そして亡くなった人はどうなるマカを仏教的に説き明かします。後半は、空海上人が説いた人生で大切な四つの恩について考えます。
Amazonリンク https://amzn.to/32EGgbV

3.『一日一善』

私の法話原稿を1冊の本にまとめました。発刊から10年になますが、いまだにに問い合わせを頂きます。
Amazonリンク https://amzn.to/2QMuY2I


4.共著『薬師堂ものがたり』
お寺の護摩供養に集まった人たちが高島俊裕氏に話した実話をもとに、中村太釈氏がだれもが気軽に読めるようにまとめた霊験譚全10話。どれも薬師如来にまつわる、心あたたまるお話です。
Amazonリンク https://amzn.to/32ESBNn

残念ながら『一日一善』と『薬師堂ものがたり』は在庫も終了し、中古販売も限られていて入手困難です。私の手元にも在庫はありません。

『人を想うこころ』は10冊程度の在庫があます。ホームページ https://houwa-kanonji.com/ よりお問い合わせください。

先日ブログを通じて『人を想うこころ』を送らせてもらうことになりました。仏縁はありがたいですね。

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

合掌

高野山に伝わる不動明王の話

高野山にはいくつもの昔話が伝わっています。その中で不動明王に関する話を紹介します。
不動明王は青い身体に炎を背負い、手に剣と縄を持つ恐ろしい顔をした姿をしています。一般に仏さまはすっとした優しそうな姿を思い浮かべますが、不動明王はどう見ても怒っています。これが「仏さまである」と言われても信じる人は少なかったことでしょう。
しかし、お大師さまは中国へ留学するときに船の舳先に不動明王をまつり祈りました。嵐に遭ったとき不動明王の剣で波を切り裂き船道を作ったと伝わっています。そのときの不動明王は波切り不動(なみきりふどう)と呼ばれ、現在でも高野山に現存しています。日本各地に波切り不動の写しとされる仏像をまつるお寺もあります。
お大師さまが中国へ渡る航海途中には、もうひとつ不動明王にまつわる話があります。
当時の航海技術は未熟なものでした。4隻の船団で中国大陸を目指しますが、到着するのはわずか2隻でした。生きて中国に渡ることができる確率は50%しかなかったのです。お大師さまの乗った船も中国大陸を目指す途中で嵐に遭い、帆が折れ櫂を失い大海原を漂流するしかありませんでした。あるとき、ついに船底から浸水が始まりました。「もう、ここまでか」と観念したとき、浸水がピタリと止まりました。
無事に中国大陸に接岸することができたとき、船底を見るとアワビが船底にあいた穴を塞いでいるではありませんか。お大師さまがアワビの貝を取ってみると、そこには不動明王の姿が見えたといいます。
不動明王は困ったときに助けてくださる仏さまです。コロナ禍で不自由な生活を強いられていますが、お不動さまを熱心に信仰しておられる方にはきっとお不動さまの御利益が得られることでしょう。

疫病は繰り返す

疫病は繰り返す
先日100回忌の供養がありました。
戒名から推測すると、おそらくは10歳まで生きることができずに亡くなった方です。
100年前に何があったのでしょうか。
スペイン風邪(今で言うところのインフルエンザ)が猛威をふるい全世界で感染者が発生し、世界人口の4割が亡くなったという疫病が発生しました。2020年初めごろから発生した新型コロナウィルス感染症とよく似ています。
100年前は今のように防疫(感染症に罹らないようにする知識)はなかったことでしょう。対処法が分からず不安よりも恐怖に怯える日々だったことと想像します。免疫力の弱い子どもがたくさん亡くなったようです。看病でそばにいた親とともに亡くなった例もあるでしょう。
100年のサイクルで疫病は繰り返すものです。そして、今でもインフルエンザは毎年流行します。でも、人類の叡智によりインフルエンザの感染者は発生しても重症者は格段に減りました。
新型コロナウィルス感染症もインフルエンザと同じように、感染症は無くなることはないけれどもワクチンなどの対処法が分かるようになるでしょう。
100年前にインフルエンザで亡くなったであろう子どもを、子孫が大事に供養していってあげてほしいものです。