旧正御影供でした

令和4年4月21日は旧暦の正御影供(しょうみえいく)でした。

弘法大師空海が高野山奥之院で入定(にゅうじょう)された日です。

 

昨年はコロナ禍でもあり、ひとりぼっちで正御影供をおつとめしました。

今年は法要の前に御詠歌講のメンバーが入定和讃など御詠歌の奉詠をしてくださいました。

御詠歌「入定和讃」は、弘法大師空海が入定される様子から始まり、入定後に帝の枕元に立ち和歌を詠み、弘法大師の名前とお衣を授けたことを七五調で切々と説きます。もの悲しいメロディーと相まって心を打ちます。

毎度、ありがたいことです。

旧正御影供とは?
高野山では「命日」とは絶対に言いません。

弘法大師空海は「亡くなっていない」からです。
ちょっと矛盾していますが、その理由を紹介しておきましょう。

弘法大師空海は中国で授かった密教を日本に弘めた人です。

その中心になる教えは「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」でした。

つまり、生きたこの身このままで仏になれるという教えです。

それまでの日本仏教は、何度も生まれ変わり、気の遠くなるような時間修行を積み重ねなくては仏になれないというのが定説でした。弘法大師空海は、それを打ち壊した新しい教えを持ち込んだので、相当の反発もあったようです。

しかし、人々は弘法大師空海の人柄に触れ、徳の高さに触れてファンになっていきます。

そして今もなお衰えることなく信仰が続いています。

さて、弘法大師空海は62歳で入定(にゅうじょう)しています。
なぜ入滅(にゅうめつ)や寂入(じゃくにゅう)という言葉を使わないのでしょうか。

その理由は「即身成仏(そくしんじょうぶつ)」にあります。

 

弘法大師空海は自らの体を使って永遠に仏になる即身成仏を成し遂げました。

つまり、仏に成ったまま、今でも高野山奥之院で私たちを見守っておられるのです。

弘法大師空海は、ある日突然に十人の高弟を集め自らの入定(にゅうじょう)の日時を予言しました。
「私は3月21日に即身成仏を体現するため、穀物を断ち水も断つ。そして弥勒菩薩のもとで永遠に人々を救いたい」

あまりに突然でした。自分の命日を預言したのですから、驚かない方がおかしい。

この時、弘法大師空海は62才。高野山も完成していない状態でした。

「まだこれから法を説いてくださらなければ」と弟子たちが考えるのも無理はありませんでした。

 

弟子たちは、口々に言います。

「ずっとお慕い申しておりましたのに、これからどうすればいいのですか」
「空海さまがおられてこその高野山。完成の日までどうして待てないのですか」

弘法大師空海はこたえます。
「私は自ら即身にして仏と成ろうと決めた。涙をこぼすでないぞ、寂しく思うでないぞ。そなた達が私の名を呼べば、この身を千にちぎってでも駆けつけようぞ」

弟子達は、膝をかきむしる者、床に伏せって涙を流す者、じっとこらえる者、様々でありました。

弘法大師空海の決意は固い。そこで弟子が提案しました。
「せめて、そのお姿を写させてもらいたい。」

描かれた肖像画が「御影(みえい)」と呼ばれ、1200年経った今でも高野山に現存します。
御尊像は左手に五股杵、左手に念珠を持ち、椅子の上に座っておられます。
空海上人が在世中に十大弟子の一人である真如親王がお写しになりました。
そして空海上人が御自身で眼を入れて完成されたものです。
原本は国宝として高野山にの御影堂に収められています。

 

真言宗の寺院では「御影(みえい)」を掲げて弘法大師空海の入定を供養します。

この法要を「御影供(みえいく)」といいます。高野山でも山内をあげて盛大な法要が行われます。
image
特に弘法大師空海が高野山奥之院で入定した3月21日は「正御影供(しょうみえいく)」と言います。

さらに、弘法大師空海が生前に使っていたであろう旧暦の3月21日に行う場合は「旧正御影供(きゅうしょうみえいく)」として正御影供と区別しています。

私たち末寺の寺院でも同じように法要が営まれました。
弘法大師空海が残してくれたものはたくさんあります。

これからも大切にしていきたいと心を新たにする日でした。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

10月の御朱印授与日とイベント案内

10月の御朱印授与日

10月11日(月) 午前10時~午後1時
10月12日(火) 午後1時~3時
10月13日(水) 正午~午後2時
10月14日(木) 午後1時~3時
10月18日(月) 午前10時~午後1時
10月19日(火) 午前10時~午後1時
10月20日(水) 午前10時~午後1時
10月25日(月) 午前10時~午後1時 仏器磨き体験も同時開催
10月26日(火) 午前10時~午後1時
10月27日(水) 午前10時~午後1時
10月29日(金) 午前10時~午後1時

イベント案内
10月8日(金) 五穀豊穣祈願祭(護摩祈祷)
午前10時~ 木札5,000円 紙札300円

10月14日(木) ゆったり寺ヨガ
満員御礼

10月21日(木) 写経
午前10時~ 奉納料500円 筆ペンにて般若心経を写経します。
初心者歓迎

10月23日(土) いのちの積み木ワークショップ
ご先祖さまを深く想い、命について考えます。
午後2時~ 参加費 3,000円

10月25日(月) おみがきの日
真鍮製の仏器を心を込めて磨きます。
午前10時~ 準備物 軍手、ぞうきん、汚れても気にならない服装にて

10月28日(木) 不動護摩祈祷
午前10時~  祈祷料 添え護摩札300円/枚

10月30日(土) 第2回コロナ退散 笑い愛 桂七福落語会
午後4時開演 参加費 1,000円

11月28日(日) クリスタルボウル・ヒーリング演奏会
午後1時開演 参加費 2,000円

12月3日(金) お寺で足もみセルフケア講座
足の裏で内臓の状態が丸わかり 自分で足もみ(リフレクソロジー)をして健康増進!
午前10時~ 教材費2,500円
準備物 バスタオル、飲み物、動きやすい服装にて
講師 板東信吾先生(若石リフレクソロジー上級プロ)

12月19日(日) お寺で料理を作ろう ~子ども食堂in觀音寺~
午前10時~ 参加費無料
準備物 エプロン、三角巾、マスク、手拭きタオル、自分の飲み物(水やお茶)
講師 大杉まや先生(阿波ふうどスペシャリスト)

ネット上で御朱印などの予約ができるようになりました。
グレーになっている部分は、寺院行事や所用などで予約受付ができない部分となっています。

御朱印の授与やイベントの参加申し込み、住職とのおしゃべり(20分まで)、悩みごと相談(20分まで無料)ISD個性診断(2,000円)、新規イベントの計画案などが予約できるようになりました。

https://airrsv.net/houwa-kanonji/calendar

キャンセルもできるようになっていますので、お気軽にお申し込みください。

9月の御朱印

9月になって置き書き用の御朱印を新しくしています。

天井絵の印が
蓮の花→牛と子ども(秋の収穫のイメージ)
特産品の印が
梨→サツマイモ(鳴門金時)
に変更です。
※ 徳島アラート最上位の「特別警戒」発令のため9月20日まで置き書き対応といたします。

予約ができるようになりました

ネット上で観音寺の予約ができるようになりました。

御朱印の授与や各種の寺院行事やイベントの参加申し込み、住職とのおしゃべり(20分まで)、悩みごと相談(20分まで無料)、新規イベントの計画案などが予約できるようになりました。

予約サイトはこちら

https://airrsv.net/houwa-kanonji/calendar

キャンセルもできるようになっていますので、お気軽にお申し込みください。

※ 9月は徳島アラートの最上位「特定警戒」が発令しているので9月20日(月)までは御朱印など寺院行事は見合わせます。

お盆お参り 御礼

赤とんぼが飛んでいるのを見て少し驚きました。
そうか。もう立秋は過ぎたのですね。

今年の立秋は8月7日でした。2週間も前に立秋を迎えたことを、すっかり忘れていました。

8月21日の灯籠流しにてお盆の行事がすべて終わりました。
地域によっては8/24の地蔵盆や地蔵流しを行うことがあります。

振り返ってみれば、7月下旬のお盆と言えない時期から棚経にお参りさせてもらいました。
オリンピックが開会し、首都圏をはじめ各地で緊急事態宣言が発令される中で8月に入り15日までの間に棚経にお参りさせてもらいました。

「棚経は修行である」と書きましたが、お参りを受けてくださる方がいて棚経が成立します。私が勝手に押しかけてお参りするわけにはいきません。

檀家さんも私に対して利他行という修行をしてくださったのだと思い当たりました。

私も、檀家さんも互いに利他行という修行を行うのがお盆のお参りです。

 

毎年、自分の体力との勝負です。なるべく長い間、利他行をさせてもらおうと思いました。

合掌

仏教の知恵で心豊かに過ごせますよう祈念しております。

施餓鬼会が終わりました

夏の仏教行事はお盆だけではありません。

施餓鬼会(せがきえ)もあります。

 

施餓鬼会の由来は、お釈迦さまの弟子であった目連(もくれんさん)さんの逸話にあります。

幼いころにお母さんを亡くした目連さんは、出家をしてお釈迦さまのもとで修行をしていました。修行の結果、目蓮さんは亡くなった人に会いに行くことができるという神通力(超能力)を身につけました。

 

ある日、目蓮さんは思い立って亡くなったお母さまに会いに行きました。

極楽から地獄まであちらこちらを探しましたが、お母さんは見つかりません。

やっと見つけた目蓮さんの母は、やせ細って骨と皮ばかりになっていました。

 

目蓮さんは、お母さんを見つけて声をかけました。

お母さんは蚊の鳴くような声で「目蓮や、食べ物をもってきておくれ」と言います。

あわてて目蓮さんは食べ物をお母さんに渡します。

 

お母さんが食べ物を口に入れようとすると、ボッと炎を出して燃え上がり食べることができません。

目蓮さんは飲み物をもってきましたが、やはりボッと炎を出して燃え上がり飲むことができません。

「これが食べることも、飲むこともできない餓鬼地獄(がきじごく)というものなのか」

目蓮さんにはどうすることもできませんでした。

お母さんは生前に欲をむさぼっていたために地獄の一つ、食べものはすべて炎となってしまう餓鬼地獄に落ちてしまったのでした。

 

目蓮さんはお釈迦さまに助けを求めます。

お釈迦さまは、餓えて乾いてしまった目蓮さんの母の心を癒やすため、心からの供養をするようにと諭しました。

目蓮さんは母を餓鬼地獄から救うために心からの供養を誓いました。僧侶を百人集めて食事を接待し、母のために供養しました。

心からの供養より目蓮さんの母は極楽へと往生できたと伝えられています。

觀音寺では初盆~3年目までのご先祖さまを中心に供養します。

ご先祖さまの供養だけでなく、地獄の餓鬼仏も供養することは私たちにとって大きな功徳となります。

ご先祖さまの供養とともに私たちに功徳があるよう施餓鬼会は連綿と毎年行われるのです。

 

合掌

 

仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。

いのちの積み木ワークショップに登壇しました

鳴門市倫理法人会からオファーを頂き、登壇しました。いのちの積み木ファシリテーターとしては初めての登壇だったので、緊張しましたが楽しい時間を過ごすことができました。

目に見えないご先祖さまを見える化するいのちの積み木ワークショップのファシリテーターをさせてもらいました。

いのちの積み木ワークショップの
ゴールは「ご先祖さまに感謝の心を持つこと」です。

ご先祖さまを深く考えることによって感謝が生まれ、恩に代わっていきます。

たくさんの感想を頂きました。
「ご先祖さまが1人でもいなければ自分がいないことを知った」
「積み木が崩れるところを目で見ると衝撃だった」
「父や母、祖父母のことをお父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃんとしか呼んでいなかったので名前が出てこなかった」

中でも私の印象に残った感想は
「家系図がトーナメント表に見えた。私はトーナメントに勝ち残った人だと思った。一番になった命なので精一杯生きようと思った」

あなたは勝ち残った遺伝子です。ラッキー遺伝子なんですね。

命の大切さをそれぞれに感じてくださったことがうれしかったです。
いのちの積み木ワークショップの開催を躊躇していましたが、勇気を出して開催していこうと思います。

合掌


SNSなどの一覧

Facebook https://www.facebook.comnakamura.ichizen

Twitter  https://twitter.com/T4H7QQ

インスタグラム https://www.instagram.comhouwakanonji/?hl=ja

アメブロ https://ameblo.jp/taisyaku2016

スタンドFM(音声配信) https://stand.fm/channels6037206a85b142d0d80a1010

公式LINEアカウント https://lin.ee/GOS9RWy

フォローなどご検討ください。よろしくお願いいたします。

6月の行事と御朱印授与日

毎日在寺できませんので、御朱印授与日をお知らせします。
 
6月 限定御朱印です
3日(木) 午前10時〜正午まで
4日(金) 午前10時〜正午まで
10日(木) 午前10時〜正午まで
11日(金) 午前10時〜正午まで
15日(火) 午前10時〜正午まで
16日(水) 午前10時〜正午まで
25日(金) 午前10時〜正午まで
29日(火) 午前10時〜正午まで
30日(水) 午前10時〜正午まで
 
上記の行事のあと
6月7日(月) 50歳からのゆるゆるヨガ
6月13日(日) クリスタルボウル ヒーリング演奏会
6月17日(木) ゆったり寺ヨガ
6月19日(土) コロナ退散 笑い愛落語会と法話
6月21日(月) 写経
6月28日(月) 不動護摩祈祷
※寺院行事の日も御朱印の直書きができます。Facebookページのイベント情報をご覧ください。

お寺で落語会を開催しました

6月19日(土)に「第1回 コロナ退散! 笑い愛 桂七福落語会&法話」を開催しました。
感染対策に飛沫防止パネルを準備したり、手指消毒や予備のマスクを準備したり。気を使うこともありましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大で自粛による我慢、ガマンで心が縮こまってしまいました。
こんなときこそ笑いが必要だ!と落語会を企画しました。
演者は上方落語協会所属の桂七福さんです。
ホームページはこちら http://ww8.tiki.ne.jp/~shichifuku/
やっぱり落語をライブで聴くのはいいですね。CDでも同じ演目を聞くことはできるのですが、臨場感がまったく違います。寄席に行くことが楽しみだという方がいるのは、その気持ちがよく分かります。たまにはバカバカしい話を聞いて心を弛めたいですから。
落語会には檀家さんはもちろんのことながら、中村がお世話になっているヨガの先生や、ふとした御縁で觀音寺を気に入ってくださった方、Zoomの画面越しに御縁をつないでくださった方、桂七福さんのファンの方にお越しいただきました。落語会なので、風流に着物を着こなして来てくださった方もいて、嬉しさのあまり心がぴょん撥ねしていました。
せっかくお寺に来てもらったので小噺ならぬ法話を一席
テーマは「心のデトックス」でした。
詳しい内容は後日アップいたします。
よく来てくださる方に「中村さんの本格的な法話を初めて聞いた」と言われました。そういえば、私はお坊さんらしくないお坊さんだったな。たまにはお坊さんらしいところも見せなくては!と思った次第です。
今回は「コロナ退散!」と銘打っていたので、落語会に参加してくださった方限定で特別な御朱印をお土産でプレゼントしました。
觀音寺の御本尊 十一面観世音菩薩はどんな災難に遭ったとしても名を呼べば助けてくださる仏さまです。
たとえ火事に遭ったとしても
たとえ海で溺れそうになったとしても
たとえ疫病で苦しんでいたとしても
観音さまの御利益がありますようにと御朱印を書かせてもらいました。
また秋ごろに落語会を企画したいと思います。
合掌
仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しておりま

お大師さま誕生の言い伝え

6月15日(火)は觀音寺にて大師誕生会の法要があります。
13時から花御堂の飾り
14時から御詠歌と大師誕生会の法要
6月15日はお大師さまの誕生日です。
正しくは「誕生日だと言われている」です。
お大師さまが生まれた今から1250年前には今のような戸籍態度がなく、生年月日は正確には分からないものです。
では、なぜ6月15日なのでしょうか。
これは言い伝えがあります。
お大師さまのお母さまである玉依御前(たまよりごぜん)が夢を見ました。
紫色の雲がたなびく朝もやのころ、金色に光る雲に乗ったインドのお坊さんが玉依御前の懐にすっと入りました。
不思議な夢だったので、翌日に夫の佐伯善道(さえきよしみち)に夢のくだりを語って聞かせました。
すると、夫も同じ夢を見たというのです。
「何かよいことの兆しかも知れぬ」
その後に玉依御前に懐妊の兆候が見られて十月十日後に生まれたのがお大師さまでした。
生まれたばかりのお大師さまに甘茶をかけて祝います。
普段は立ち入ることのできない本堂内陣にてお参りができます。
合掌
仏教の知恵で心豊かに過ごせますように祈念しております。