金額明示は仏教ではない

前回は、「そもそも布施とはなに?」を書きました。

仏教における布施とは、修行者に対してせめてもの施しをと布を差し上げたことに由来しています。
金品を差し上げていたわけではありません。

全日本仏教会は、談話において葬儀や法事は営利企業が金額を明示して行うサービスではないとコメントしています。

しかし、一般的に違和感があることも事実です。葬儀や法事の布施は読経サービスに対する対価であると考えている方が多いです。

私は、お布施は結婚式における祝儀のようなものであると考えます。
祝儀は相場はあっても金額は決まっていません。いくらでなくてはいけないという決まりはありません。結婚式に招いてもらった御礼として持参するものです。

つまり、葬儀や法事におけるお布施はお祝儀のようなものなのです。

お坊さん便がけしからん!と談話を発表

前回は、2016/5/25にAmazonの新サービス「お坊さん便について」を書きました。https://houwa-kanonji.com/blog/amazon%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%9D%8A%E3%81%95%E3%82%93%E4%BE%BF%E3%81%AF%E3%80%81%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%81%91%E3%81%97%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8B/

Amazonの新サービス「お坊さん便」について賛否両論があります。
全日本仏教会は理事長名で談話を発表しています。http://www.jbf.ne.jp/news/newsrelease/1600.html

談話の要旨は、「お布施はサービスの対価ではない」と言うことです。なぜなら、布施は修行のひとつであり、見返りを求めないものだからです。

お布施はサービスの対価ではないとした談話に違和感を感じる方もおられることでしょう。
そもそも、布施とは何でしょうか。

今から2500年前、お釈迦さまが悟りを開き人々に説法をするため遊説していたときのことです。
お釈迦さまの教えを聞き、自分も出家して修行したいという人が現れ始めました。出家者に対してお釈迦さまは、「すべてを捨てて出てきなさい」と言いました。修行者が持っていてもいい物は4つしかありませんでした。ひとつめは白衣です。いわゆる下着です。ふたつめは衣(ころも)です。つまり、服です。3つめは袈裟(けさ)です。4つめは托鉢用のお椀です。修行者の食べ物は、すべて町の人々の施しによってまかなわれました。
修行者たちは、衣がボロボロになってもそのままの姿で托鉢をし、修行に励みました。町の人たちは、修行者が身繕いをすることなく生活している様子を見て、せめて何か役に立つものはないかと探しました。その結果、衣がほつれたところを縫うために、当て布として布きれを差し上げました。

つまり、修行者に”布を施した”ので、布施なのです。

町の人は、修行者に何かを求めていたのでしょうか。救いを求めていたのでしょうか。きっと見返りを求めずに布を施していたことでしょう。
現在でも、僧侶の袈裟は小さな布を縫い合わせて作られています。布施の心を忘れないようにという想いを込めて、僧侶の自戒を込めて袈裟を身につけているのです。

 

10年ぶりの再会

滅多とないチャンスがあり、奈良県の山添村にある不動院へお参りさせてもらいました。

住職の前川さんは、高野山で開催された布教講習会でお世話になった方です。
その当時、前川さんは高野山の職員をしておられました。私は、ただの布教講習生でした。

おかげさまで、私は布教講習会を終えて合格通知をもらうことができ、高野山本山布教師心得として活動することができています。

それから10年以上の歳月が過ぎましたが、Facebookで不動院をお参りしたいという連絡をしたところ、快く受け入れてくださいました。
普通であれば、あなた誰?何をするために来るの?という反応が返ってきてもおかしくないものです。ところが、田舎の末寺で、高野山に何の面識もない私のような者を受け入れてくださることは、ありがたいです。

前川さんは「とりとめのない話」と言っておられましたが、私にとっては有意義な時間でした。互いの近況報告をするだけでも楽しいものです。9月に私の寺でワークショップイベントを開催できるよう計画中です。そのときには、前川さんにもお越しいただけるよう手配したいものです。

さて、消滅寺院が話題に上っています。
私の寺も、前川さんの寺も緩やかな限界集落にあります。真言宗の寺院は限界集落にたくさんあり、50年後には46%の寺が消滅してしまう危機に瀕しているという統計データがあります。
しかし、限界集落に寺があるから存続が危ぶまれるというのは早計であると私は考えます。今までは檀家制度として寺に檀家がついていました。今後は、寺の住職に檀家がつく時代が来ているように思います。つまり、人に檀家がつく時代です。「この住職に葬式をしてほしい」「この寺で法事を執り行いたい」という檀家の声が大きくなっているように思います。

私は、檀家さんに「あなたに葬式をしてほしい」と思ってもらえるような僧侶なのかを自問自答しています。そして、檀家さんに慕われるように存在になりたいと思っています。
空海は1200年以上も人々に慕われ続けています。空海の末弟である私も、同じように人々に慕われる存在になりたいものです。

 

Amazonのお坊さん便は、なぜけしからんのか

あなたはAmazonの新サービスである「お坊さん便」を知っていますか?

Amazonはアメリカで起業され、地球上にあるすべての物をインターネットで販売するというコンセプトで始まりました。日本でもAmazonのサービスがスタートしています。日本でAmazonのサービスが始まったとき、書籍販売のみでした。このため、Amazonはインターネット書店として認識されました。私にとってインターネット書店なら、紀伊國屋書店など大手書店も手がけていたので、競合が1つ増えたぐらいの認識でした。

しかし、Amazonはインターネット書店ではありませんでした。Amazonのコンセプトは「地球上にあるすべての物をインターネット上で販売すること」です。Amazonの販売品目が本だけにとどまるはずがありません。ファッションや食料品、ベビー用品、靴、ペット用品、パソコン、パソコン周辺機、TVゲームなどなど販売品目は増加の一方です。Amazonは音楽や映画の配信など、サービスも力を入れています。

Amazonが提供するサーヒースの中でも、「お坊さん便」は異色な存在でしょう。
あなたがご先祖さまの法事をしようとしたとき、普段からお付き合いのある寺院がないとします。親戚などに頼る方法もありますが、遠方に在住しているならあなたが頼ることもままなりません。期日が迫ってきて、どうしようと困っていたとき、Amazonでお坊さんを派遣してくれるサービス「お坊さん便」があると知ります。さっそくAmazonを通じてお坊さんを依頼すると、指定した日時にお坊さんが来てくれて無事に法事を執り行うことができるのです。お布施は事前に決済でき、クレジットカードも利用可能です。

さて、あなたならAmazonのお坊さん便をどう思いますか。「けしからん!」と憤慨しますか?それとも「便利なサービスだ」と歓迎しますか?

死生観革命?

前回は、21世紀の産業革命が起こっているという内容の話を書きました。

17世紀の産業革命で機械が発明され、少ない労働力でたくさんの織物を生産できるようになりました。21世紀の産業革命で、人手が必要であった仕事はPCやロボットに取って代わられました。その結果、仕事がない人が増え、将来の展望を描くことができなくなりました。働けば給料が右肩上がりになり、生活が報われるというのは幻想となりました。「初めはカローラ、いつかはクラウン」は死語となってしまいました。今では「カローラも乗れない。車が持てない」のです。

結果として、思考が変わってしまいました。幸福から始まるストーリーが、不安から始まるストーリーに変化していったのです。

あなたは亡くなったとき、どうなっていたいでしょうか。「もう一度やり直したい」と後悔するでしょうか。「もうこんな人生はまっぴらだ」と思うでしょうか。

私は、お坊さんとして亡くなった方の枕元へ赴き故人のご遺体と対面します。故人の顔には、生き方がそのまま表れているように感じます。有名製造メーカーの営業マンとして定年退職間を迎えたけれど、自分の思うような人生でなかったと悔やむ顔もあれば、農家に生まれて田畑を耕すことに一生を費やして面白おかしいことは何もなかったかもしれないけれど、うっすら微笑んでいる顔もあります。

あなたは、亡くなったときどのような顔になっていたいでしょうか。それを決めるのは、あなたの死生観なのです。
不安から始まるストーリーを、「これでよかったのだ」と満足できるストーリーに変えていくことができるのは、あなたの死生観なのです。

今は、死生観革命の時代なのです。

今は産業革命?

17世紀の産業革命はイギリスで起こった

 

なぜ、イギリスで産業革命が起こったのかご存じですか?

産業革命が起こるまで、必要なものはすべて手作業で行われていました。イギリスでは毛織物が盛んでした。毛の織物を作るには、大変な手間がかかりました。毛を細くして紡いで糸にした後、織物として作り上げました。たくさんの織物を作ろうとすれば人手がたくさんいります。そこで、イギリスは植民地からたくさんの奴隷を連れてきて、織物に従事させました。安い賃金でたくさんの労働をさせることで利益を上げていました。

そこで、大きな発明がありました。織物の機械を発明したのです。これによって、1人で一本の糸車しか回せなかったのに、機械によって1人が一度に8本の糸車を回すことができるようになりました。生産量が8倍に増えたのです。これによって少ない人数で、大量の織物が生産できるようになりました。これがイギリスの産業革命です。

私は、今の時代もイギリスの産業革命と同じようなことが起こっていると考えています。

なぜなら、パソコンとインターネットという今までにない新しい技術革新があったからです。これによって、書類を清書する仕事は必要なくなりました。パソコンで作成した文書は、何度でも印刷することができます。そして、インターネットを通じて世界中どこへでも届けることができます。他人が作った書類を手に入れることも容易になりました。電話は、無料の音声サービスに取って代わられようとしています。24時間働く企業戦士は必要なくなり、メールやSNSで大量の広告を打ちお客様を集めるようになりました。機械類の生産工場では、ロボットが正確無比に作業こなしています。

たくさんの人手が必要であった時代から、少ない人数でたくさんの仕事ができるようになりました。つまり、人がいらなくなってしまったのです。

その結果、仕事がない、未来を描くことができなくなってしまいました。未来への思考が、幸福から始まるのではなく不安から始まるようになってしまったのです。

寺院だより5月号No.124ができました

遅くなってしまいましたが、寺報「寺院だより5月号No.124」ができあがりました。

 

ダウンロードリンク 寺院だより5月号No.124

上記のリンクよりダウンロードできます。

今月の内容は、「今回で6回目のぽっくり地蔵法話です」「行事の紹介 大師誕生会」「育メン坊主のひとりごと~我が家はひとりっ子なのですが、ひとりっ子の育て方を知りたいです」

「つまらんこときくけんど、ちょっとおしえてくれへんで~家の引っ越しにともない、仏壇を傷んだものを処分して新調しようと思います。どうしたらいいのでしょうか」「見聞録~僧侶で著者仲間の新刊 小黒澤和常著『最高のお葬
式最高のご供養~お寺や墓地選びに不安や疑問を持っている人へ~』KKベストブック刊 の紹介」です。

ご覧ください。

※ご感想をいただいた方にはささやかなプレゼントをさせてもらいます。

寺院だより4月号No.123ができました

最新号寺院だよりNo.123ができました。

ダウンロードリンク 寺院だより4月号 その123

上記のリンクよりダウンロードできます。

今月の内容は、「花御堂を飾ってくださいました」「行事の紹介 ふさつ会」「育メン坊主のひとりごと~こどもがだらしがないのです」

「つまらんこときくけんど、ちょっとおしえてくれへんで~亡くなった祖母が夢に出てきます」「見聞録~奉納がありました」です。

ご覧ください。

※ご感想をいただいた方にはささやかなプレゼントをさせてもらいます。

寺院だより3月号No.122を発行しました

お待たせしました。
法話と天井絵の寺が発行している寺報「寺院だより」の最新号ができました。

今月は、涅槃会の功徳とは?、行事の紹介「仏生会はなまつり」、育メン坊主のひとりごと、見聞録となっています。
下記のリンクからダウンロード可能です。印刷して配布してくださってもかまいません。

寺院だより3月号No.122

感想などを「お問い合わせ」からメールにてお願いいたします。